F1ヨーロッパGPバレンシアサーキット初のポールポジションは?

スポンサードリンク

F1ヨーロッパGP
初開催スペインのバレンシアの市街地サーキット。
チームもドライバーもデータが少なく、更に市街地という特殊なコンディション、そしてそれでも320km/hを突破するコースということで、事前の準備とチームとドライバーの適応能力が試されるレースでもあります。

そして予選が終了しました。

ポールポジションはフェラーリのマッサの手にっ!

初開催バレンシアでのポールポジションは、結局フェリッペ・マッサ(フェラーリ)が獲得した。
ベストタイムはQ3でただ一人1分38秒台に入れる1’38.989というものだった。

勿論ポールポジションのマッサは大満足。
前回、トップ走行でありながら残り数週でリタイアの悔しさがバネになった筈です。

ヴァレンシアでのヨーロッパGPでポールポジションを獲得したフェリペ・マッサは、決勝レースに向けて絶好の位置からのスタートに満足している。

2位のハミルトンもまぁ満足とのことです。
チャンピオンを獲得するにはコンスタントなポイント獲得が必要と公言していましたから、着実に2位に付けてからが勝負ですね。

明日、ヴァレンシアで行われるヨーロッパGPに向けた予選で2位となったルイス・ハミルトンは、この順位に満足していると語っている。彼は予選の最後に速いタイムをマークしたが、フェリペ・マッサがそれを上回った。

3位はBMWのクビサが帰ってきましたっ

で予選結果はこちら

F1 第12戦ヨーロッパGP -RIJ- (2008-08-23) Qualifying-Session
2008 FIA F1 World Championship Rd.15 バレンシア市街地(ESP):5.440km

ウィリアムズがひさしぶりに中盤に帰ってきました。
ロズベルグが9位、中嶋一貴がもう少しでQ2突破しそうでしたが11位です。
中嶋さんんはアロンソの前。初サーキットで十分な実力を発揮されました。

一方の地元スペインを前にしてルノーはちょっと寂しい結果でした。

また準備万端だった筈のHONDAはまたまたフォースインディアと順位を争っているという、、、
スーパーアグリをワークスチームにした方が良かった。。。(ry

金曜日の午後のフリー走行では3番手タイムをマークして有望な走りを見せたジェンソン・バトンだったが、今日の予選は残念な結果に終わった。ジェンソンとチームメイトのルーベンス・バリチェロは、明日のヨーロッパGPをそれぞれ16位と19位からスタートすることとなる。

スポンサードリンク

アマゾン