スポンサードリング

FIAT 500 Twin Air

とうとうフィアットが2気筒エンジンを登載する FIAT 500を発売するようです。

フィアットは7日、欧州向けの『500』と『500C』に、875ccの新型2気筒エンジン「ツインエア」を搭載すると発表した。1.4リットル直列4気筒並みの動力性能を備えながら、燃費を30%向上させたダウンサイジングユニットだ。

Azure "Old Fiat 500"by Luigi FDV, on Flickr

現在の4気筒エンジンから一気に半分に・・・・
これは流行のダウンサイジングですが、エンジンの重量、そして、フリクションロスの低減によって、よりエコな性能を目指すそうですね。

四気筒でなければヤダって方は、いまのうちに・・・w

FIAT 500としては、ミニマムなクルマということでは原点回帰かもしれませんが・・・
重量が軽くなって軽快感がより得られるならベストなエンジンかもしれませんね

アルファロメオ MiToが二気筒になる日も近いかも;;;^^)

スポンサードリング 関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です