スポンサードリング

Alfa DNA system – 全天候モード(AlfamitoBlogまとめ:29.04.08)

このエントリではAlfa DNA System最後の全天候モードをブログユーザの方が体験するという記事です。

29.04.08 Alfa DNA system – the All Weather mode
The new Alfa MiTo isn’t just a dynamic, innovative, top safety car. It’s part of the Alfa Romeo tradition of creating cars that provide the driver with the greatest control possible in any driving conditions.

New Alfa MiToは単なる、ダイナミックで、革新的で、最高に安全だけの車ではありません。それは伝統的なAlfa Romeoが作った車の1台な訳で、ドライバーに対してどのようなドライビングコンディションにおいても偉大なコントロール性能を提供するのです。

Alfa MiToによる全ての車両コントロールは最高のレベルに到達しています。Alfa DNA Systemで選択出来る3番目あるいは最後のモードは、正に全天候モードと呼ばれるように、全ての低グリップなドライビング状況の為を意味します。

あなたが全天候をDNAセレクタで選択した時、車が、雨や雪のような低グリップのような状況においてさえも、車両に最大のコントロールを与えることえおドライバーに保証するようにセットアップします。

これをアクティブにした時、Alfa DNA Systemは、車両制御システム(vehicle’s dynamic contorol)が作動し、VDCの作動点を低めることによって低グリップ面でさえ車をより簡単にコントロール出来るようになるのです。

Alfa DNA Systemに感謝し、低グリップ状況に措けるMiToはドライバーの車両コントロールと、更に大雨や雪の中で、最大限のドライビングの喜びを保証することが出来るのです。





〜ここからYouTubeの動画〜

チャオ、私はFabio、30歳で、Vibo Valenzioから来ました。
チャオ、私はAlessandoro、27歳でTurinoから来ました。私のニックネームは、Melonsです。
チャオ、私はMarco、22歳、Venezioから来ました。
チャオ、私はCiovanii、Alfa MiToの最初の様子を確認する為に来ました、またテスとでは凄いスリルになるでしょう。
(AlfaスタッフMarcoさんに)あたなは147持ってるの?(Marcoさん)そうです、147です。
(Alfaスタッフ)あなたのは284mmのブレーキ、この車は305mmです。想像してみてね。
(いつものシャシ開発責任者の方Phillippeさん登場)
今日私達は全天候ポジションのAlfa DNA セレクタについてお話しましょう。
このポジションでは2つの重要なことが起こります。
1つのポイントは、電子パワーステアリングのチューニング、より安全に、そしてより保守的に、(ウェッ路面の映像)このような道でもオーバーステアやアンダーステアになることはありません。
2番目のポイントはVDCと電子パワーステアリングシステムの間のダイアログ、VDCシステムが車の向きが変わっていることを感じ、電子パワーステアリングにリクエストを送ります。
ステアリングホイールは自動的にカウンターステアを切り始めるのです。
このダイアログの仕事を通して、我々はドライブするのにがより簡単で安全な車を作ることが出来たのです。
熟練していないドライバーから感想を得るための、この車をテスとしました。
皆さんお答えは、このシステムによってより向きを変える感じがし、安全でより速いドライビングが可能になるということです。
(皆さんMi.Toにのって疑似ウェット路面をドリドリ)
オッケー、ここが自動カウンターステアの作動するところです。
(曲がりながら)減速を感じていました?
ここは右方向に飛んで行く場所、何故ならば、私はドライスポットにホイールを入れるのを試したから、そして、迅速に起動修正してます。
私は、前に言った仕掛けを外して、全開状態にするとトラックを離れることになるでしょう。
(テストが終わり車を降りて)
スリルのせいなのか、暖かくなっちゃったせいなのか、汗かいたのに気がつかなかった、、、
すごいね、彼は車を限界まで持ち込んだフゥ、、、

〜ビデオ終了〜


Alessandro (Melons)さんのコメント
忘れられない1日が始まり、そして終わりました!!!
旅の開始は、ホテルに、いつも私達を楽しませ続けていたチームの皆と….素晴らしい!

さぁその日のメインイベント:Mi.Toの”全天候モード”でのテストドライブだ。
あなたにとって無意味な会話かもしれませんが、本物を見るとWebにある様々な写真やビデオよりも更に美しいということです。

偉大なPhilippe Kriefさんから、D.N.Aのモードの使い方についての詳細な説明の後、私達は理論の実践に移りました。

あなた方にはPhilippeさんが様々な道にMi.Toを投入し、ローグリップコンディションでそのスタビリティを見せてくれたことを信じてもらえないことでしょう!

私は、小さなアルファのロードホイールディングに驚かされました:ブレーキング、鋭い移動、雨での素早い回頭、、、すごいよ!その日の休憩はAlfa Romeo Style Cnter、そこで私達がデザイナーの仕事の多くの情報を得、車の輪郭の概要を、赤いAlfano
カバーから。

素晴らしい体験を与えてくれたMi.Toチームの皆さんありがとう!

メロン


Fabio (FabioV)さんのコメント
皆 – なんとファンタスティックな経験だったことでしょう。まだ信じられない。

ミラノで得たのは素晴らしいホテルでの宿泊。

深夜に灯りを消し、明日は午前中にピレリトラックを目指します。

ちょっと休憩しMo.Toとの出会い。
Philippe Krief さんのドライビング、ウェットトラックで全天候モードの発見。

恐ろしいしいコーナー、予測不能の進路変更、そして、彼女(Mi.To)は全然音を上げません。ステディで軌道を確実に維持していきます。

すごい昼食そして、アレーゼにある極秘のアルファロメオ・スタイル・センターへの訪問。どこでどのようにアルファロメオの車がデザインされているのか?そしてエキサイティングでエモーショナルなモデルが出来上がるのかを見ることが出来るのです。

今回の経験とすばらしい働きをしてくださったMiToチームの皆さんありがとう!

FabioV


Giovanni (Adrenalina)さんのコメント
凄い2日間!本当にフレンドリーで素晴らしいドライバー、最高のホテル、とても親切、歓迎してくれた人々、そして、彼女と、、、、Mi.To!

すぐに彼らは私達に小さいAlfaの全天候モードのテストドライブについて語り:なんて旅行だ皆!

どのようにDNAが極端なコンディションでどのように修正するのか語ってくれたのは、伝説のドライバーであるPhilippe Kriefさん。短い説明の後、すぐにトラックに入りました。

左右のコーナー、バックストレート、鋭角なコーナー、アップ&ダウン、、、Mi.Toは見事に破状しなかった!どんな時も彼女は安定しており操作の障害は起こらなかった。ファンてスティック!

これが朝に起こった全ては、、、昼食してAlfa Romeo Style Centerで2人の本当に親切に、説明してくれる方、との出会い、Alfa デザインの歴史を最初に説明していただきました。彼らの声は、栄光の会社の持つ新の精神と情熱として聞こえました!

過去のスタイルの概要の後、現在と未来に:8C Competizioneの詳細、彼らのアイデアでAlfaの未来に生命を与えるデザイナーのラボ、マテリアルに注意す、金属や他の何かでAlfaを作る本当にユニークな人々!

私はこの日の経験が出来なかった人に自身を持って言うことが出来ます:今私はAlfa Romeoの精神に従って。。。そしてMitoはそれらの中で呼吸するであろうことを。

Adrenalina


Marco (Daprix)さんのコメント
素晴らしい経験!

最初に私はこの夢を共有した人々にについて語りたいと思います。
これは全てのアルファロメオに価値を加えると:MiToチームの友好ー彼らとの共感ー、Philippe Krief’sのご協力そして、私のーおばかなー質問に明確に回答してくれたスタイルセンターの人々。Perhapsそこは最も印象を受けた場所、ミラノの短い旅の間:4輪に夢を注入することを捧げている人々の情熱とプロ意識、、、

そして、Mi.Toの方に:夜の沢山の小話の後、あまり眠れず、私達はミラノでVizzola Ticinoへの交通に入り、ピレリのテストトラックに。私達が想像していた、噴水したトラックが私達に例のDNAの全天候機能を見せるために準備を整えていました。

Philippe Krief は私達に、ミニサーキットでの滑り易いコーナー間の一連の操作を見せてくれました;電子装置はMi.Toを(想像していた通りの)トラックに散水したコンディションでもコントロールを維持する手助けを。147との簡単な比較は:ぱっと見外観は慣れ親しんだこと;両モデルでは例外のロードホールディング。

エンジンは、たとえ(このような条件で)電子制御によってかなり助けられているようなのですが、Mi.Toの強調すべき点の1つでーその音質はかなり満足すべきものでした。

朝のトラックの後、私達はアレーゼのスタイルセンターに立寄:それは 全てに細かく注意を払うこと、情熱、伝統を継承しながらの改革への要求、室内から路上へのアイデアが沸き起こす親密な関係。

水曜日以来、私の147を違う目で見ることになりました:忘れられない経験をさせて下さったAlfa Romeoへ感謝します。

Daprix


ということで、全天候モードもかなり凄いことが判ります。
なんたってMi.Toはこのモードで勝手にカウンター切っちゃうという制御をするようです。
このクラスのクルマでこのような複雑で、自動車会社の総力を上げて開発するシステムが搭載されてくるというのも、異例なことでしょう。
そしてMi.Toブログに為に、トップのテストドライバーまで起用してプロモーションしているということは、アルファロメオがMi.Toにいかに将来と運命を掛けているのかが、DNAシステムの3つのモード全てに表現されているかもしれません。

スポンサードリング 関連コンテンツ