デビュー50周年!を迎えたJeff Beck ジャパン・ツアーに行って来た

スポンサードリンク

昨年末、ジェベックが来日するということで、チケットを購入していました。

今日1月31日がそのコンサートの日。
場所は東京国際フォーラムのホールA

今回は昨年発表されたニューアルバム「ラウドヘイラー」のワールド・ツアーとなりますが、来日しジェフベックをサポートするメンバーは、以下の5名。

  • ロンダ・スミス(B)
  • ジョナサン・ジョセフ(Ds)
  • カーメン・ヴァンデンバーグ(G)
  • ロージー・ボーンズ(Vo)
  • ジミー・ホール(Vo)

という2人の男女ボーカリストをフィーチャーしたユニットで多彩な曲が演奏されました。

特に、カーメンとロージーはBONESという女性ユニットを組んでいる2人ですが、ジェフベックとパーティーで知り合ったことによって『ラウド・ヘイラー』に大々的に起用されたということです。

ジェフベック公式YouTubeの新アルバム『Loud Hailer』プロモビデオ

こちらがBONESのオフィシャルビデオ

これら2つのビデオを見ても解って頂けると思いますが、ジェフベックの突き刺さるようなギターリフと、ロージーの尖った声が会場に響いていました。

またロージーの個性的な動きとマイクパフォーマンスが会場を魅了していました。

一方の男性ボーカリストのジミー・ホールもジェフベックと多く共演されており、ブルースな曲では圧巻の歌唱力を示していました。

また、スティービー・ワンダーのSuperstitionも演奏、Youtubeにもアップされていますので、ジェフベックとジミーの十八番な曲のようですね。

勿論、ジェフベック往年の名曲も演奏されましたが、特に「哀しみの恋人達」に至っては彼のキャリアによって今も進化する究極の泣きギターを聞くことが出来、涙が(^^;出て来る程でした。

今回で関東の講演はおしまい、2月に入り、■ 大阪公演 2月2日  ■ 福岡公演 2月3日  ■ 広島公演 2月4日  ■ 名古屋公演 2月6日 ■ 大阪追加公演 2月7日というスケジュールになるということで、もし未だチケットがゲットできるなら、ジェフベックファンの方ギターフリークの方に絶対オススメのライブとなると思います。

ウドー音楽事務所の公式ページ

Jeff Beck 公式ページ

また、2015年末にジェフベックの直筆サインや、表紙にジェフベックが制作したホットロッドのナンバープレートのレプリカが埋め込まれているという豪華写真集「Beck01」も発売中です。

スポンサードリンク

アマゾン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です