自動車評論家 徳大寺有恒氏死去

スポンサードリンク

徳大寺有
徳大寺有

徳大寺有恒氏は1939年(昭和14年)年にお生まれ、「間違いだらけ」の言葉の発信元として広く知られた存在として多くの方の心に残っていると思います。
ご冥福をお祈りします。

新車批評の先駆け的な存在として知られる自動車評論家で元レーサーの徳大寺有恒(とくだいじ・ありつね、本名杉江博愛=すぎえ・ひろよし)氏が今月上旬、死去していたことが8日、親族への取材で分かった。74歳。東京都出身。

Via : 自動車評論家の徳大寺有恒氏死去 新車批評の先駆け – 47NEWS(よんななニュース)

徳大寺氏はトヨタ自動車のレーシング・ドライバーを経て自動車評論家に転身した。自動車への深い愛情から辛口の批評で知られ、1976年に始めた著書「間違いだらけのクルマ選び」は人気シリーズに。「間違いだらけの-」は流行語にもなった。

Via : 「間違いだらけのクルマ選び」 徳大寺有恒氏が死去 – 産経ニュース

コストや販売台数を優先する自動車メーカーを一貫して批判し、魅力のある車づくりを訴え続けた。ほかの著書に「ぼくの日本自動車史」や「58歳からの楽々運転術」などがある。39年生まれ。成城大卒。

Via : 自動車評論家の徳大寺有恒氏死去 「間違いだらけのクルマ選び」 ― スポニチ Sponichi Annex 社会

1976年に始めた著書「間違いだらけのクルマ選び」は人気シリーズに。「間違いだらけの…」は流行語にもなった。

Via : 「間違いだらけのクルマ選び」徳大寺氏死去 – 経済ニュース : nikkansports.com

徳大寺と言えば「間違いだらけのクルマ選び」シリーズですが、2006年に一旦終了、そして、2011年に復刊。
2014年版も発売されており、島下泰久との共著になっているようです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です