Nokia Lumia 1020で50台バレットタイム撮影でとらえたニューヨークの一瞬

スポンサードリンク

横回転しながらニューヨークの街中のワンシーンをトレーラー再生する動画
マイクロソフトに買収されたNokiaがスマートフォンLumia 1020のプロモーションとしてアップした動画です。

でこちらが、そのビハインドザ・シーン
このビデオはノキアとマイクロの共同作業の様子を記録。

撮影で使われるNokia Lumia 1020は何と4000万画素という一眼レフカメラよりも画素数が多いカメラが搭載されています。

このLumia 1020を扇型に50台並べ、1度のレリーズで一気に撮影することで、バレットタイム撮影を行うということです。

Lumia1020からWi-Fiを利用して画像を転送することで、50台のカメラにコードを接続することなくシンプルなシステムが完成しているということですね。

50台のカメラのコントロールはMicrosoft Surfaceということです。

取り込まれた画像は、ムービーとして編集する際に、隣のショット毎のブレ補正などをして冒頭のビデオが制作されたということです。

スマートフォンのカメラでこれだけの作品が撮れるのは素晴らしいですね!

スポンサードリンク

アマゾン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です