YAMAHA WR250X試乗しました!これはヤバイバイクだw

スポンサードリンク

これまで、コッソリ、ハスクバーナやK™のモタードマシンには試乗させて頂き、今更ながらモタードマシンに目覚めている状態なのです。

で今回YSP様にて試乗させて頂きました。

試乗車には13万円するというチタン製のフルエキが装着されていました。(おそらくYSP御用達のRC甲子園製と思いますが)

そのマフラーから弾けるスモールシングルサウンドが刺激を誘う限りですが、そこは冷静になったとしても、250ccとは思えない加速時の押し出し感は評判通りであると納得でした。

このエンジン、オフロードモデルであるWR250R用として開発されたということですが、下から上までの振動の少なさ、更には吹け上がりの速さとは二面性を持つ低速での柔軟性は街中でも最高の使い勝手を示してくれました。

海外製の過激なオフロードベースのモタードエンジンが、加速か減速の二者選択気味なのに対して、WR250Xのエンジンは街中を“流す”のが気持ち良かったのが意外。

過激なだけのマシンはそれはそれで面白いのですが、実際に所有した時には身構えて出動することになるプレッシャーが少しずつおっくうになって来るものです。

WR250Xだと、ちょっとしたお出かけでも乗れる柔軟性も魅力。

更に、オフローダーとしての目線の高さと、ハンドルの軽さと切れ角の多さなどから来る乗りやすさも兼ね備えていることで、これはオンロードバイクの傑作;;;^^)かっとちょっと舞い上がってしまいました。

そして、YSPで見積もりなどさせて頂くことになったのですが、そこで目にしたのがこちら。。。。

な、なんと、ケニーロバーツ、そして、バレンティーノロッシのマシンでも採用した、ヤマハ伝統のイエローのストロボカラーの限定モデル。。。。

2013.07.31. YAMAHA

2013.07.31. YAMAHA

2013.07.31. YAMAHA

数ヶ月前から発売されていたようで、知らなくてごめんなさい。。。。w

このカラーリング、YSP限定ということで、正にここでしか買えないということw

実は、中古モデルも探してみようかと思っていたのですが、WR250Xの中古はかなり高価で販売されており、場合によっては新車並の価格で販売されています。
そして、このYSP限定のイエローカラーとなると心はグラグラだったのですが、今日のころはガマンして帰宅してじっくり考えることになりました、、、;;;^^)



DRC/モタードフットペグ
DRC/モタードフットペグ WR250F


DRC/クロモリワイドフットペグ用スプリング
DRC/クロモリワイドフットペグ用スプリング WR250R

スポンサードリンク

アマゾン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です