若者の心を掴んだ250cc以下のバイク販売が好調

スポンサードリンク

ここ最近250cc以下の軽二輪が売れているそうです

縮小の一途をたどる国内二輪市場で、「軽二輪」と呼ばれる排気量126~250ccクラスの好調さが際立っている。もともと、維持費の安さや長距離走行も快適にこなす性能の良さが人気の理由だったが、二輪車メーカー各社が低価格化とともに魅力を高めた新車を相次いで投入。若者を中心とした新規需要の掘り起こしにつなげている。

Via : 快走「軽二輪」 低価格化と新車攻勢加速 国内上期33.3%増 (SankeiBiz) – Yahoo!ニュース

全国軽自動車協会連合会が発表した2013年上半期(1-6月)の軽二輪車新車販売台数は前年同期比33.3%増の2万6962台と大幅プラスとなった。上半期としては2年連続で前年同期を上回った。

Via : 軽二輪車新車販売台数、ヤマハ除き好調で2年連続増、カワサキはシェア2位…2013年上半期 | レスポンス

  • ホンダ 31.3%増 1万269台
  • カワサキ(川崎重工業) 約2.2倍 5923台
  • スズキ 45.8%増 3818台
  • ▲ヤマハ(ヤマハ発動機)は4.6%減 4301台

ということで、その要因としてホンダ「CBR250R」と、カワサキが「ニンジャ250」の好調。
どちらも海外生産で価格を抑えながらも、本格的なフルカウルのスポーツバイクということで、見た目は大排気量スーパースポーツを彷彿させる迫力と品質感ということで、若者の心を掴んだようです。

個人的には、ヤマハの250ccモタードバイク「WR205x」がかなーり(^^;欲しいのですが、このバイク、中身はレーシングバイク並のエンジン(チタンバルブなど)を備えた、超本格スポーツバイクでその価格70万円以上ということで、ホンダとカワサキとは異なる路線のバイクで、流石に若者の心を掴むには価格がネックになってしまうのかもしれませんね。

2012年モデルYAMAHA【新車】WR250XJBK-DG15J/G363E

2012年モデルYAMAHA【新車】WR250XJBK-DG15J/G363E
価格:614,911円(税込、送料別)

スポンサードリンク

アマゾン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です