何っ?APS-Cセンサー搭載の「RICOH GR」登場か!!??

スポンサードリンク

2005年10月に初代 GR DIGITALが発売されて以来、2年毎のモデルチェンジを律儀に繰り返し今年はいよいよGR DIGITAL Vの年、、、の筈ですが、ビッグニュースが届けられてきました。

なんと、一眼レフカメラと同じ1600万画素APS-Cセンサーが搭載されたその名も「リコーGR」が発表されるということなのです。
レンズはGRシリーズの伝統を受け継ぐ28mm単焦点で、価格は10万円以下。
「GR DIGITAL」を引き継がず新時代の「GR」として再出発することになりそうです。

で、私もGR DIGITAL IVユーザーなので、この情報非常に気になります。

初代GRDが発売された時は、単焦点レンズというデジタルカメラとしては斬新なコンセプトでしたが、今はとなっては、フルサイズセンサーのソニーRX1、APS-CセンサーのニコンCOOLPIX A、富士フイルムX100s、シグマDP1 Merrillと、どれも個性ある単焦点ハイエンドコンパクトカメラが犇めき合い、更にミラーレスカメラとも比較されることになっていますので新「リコーGR」もその中でも輝ける個性的なカメラになりそうですから、このジャンルをもっと盛り上げてくれるものと思って期待したいと思います。

もし、今のGRDの大きさのままAPS-Cセンサーが搭載されるなら、画質面が大幅に向上する筈ですが、GRDの良さであったポケットに入れて持ち運ぶことが出来るサイズを引き継いで欲しいと思います。


スポンサードリンク

アマゾン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です