スウェーデンの学生が提案するコンセプトカメラ「Leica X3 」

スポンサードリンク

スウェーデンのルレオ工科大学の学生Vincent Sällさんが提案するライカの新コンセプトデジタルカメラLeica X3

コンセプトはスマホ+高画質カメラ+ニューテクノロジー+デザイン=イノベーション
スマホの利便性、ソーシャル性、そして、ワンハンドでの撮影スタイルなどの自由さと、ライカのようなトラディショナルなカメラの様式をいかに融合させるかがテーマのようです。

そしてデザインのモチーフはライカの丸いロゴと、光の三原色をシンボリックにしたカラーホイールのイメージ

これらの要素をストーミングし誕生したコンセプトモデルが Leica X3。

丸いボディが2つにオフセットするように開くことで、電源ON
片方はレンズ鏡筒がそのままボディになったイメージです。

背面にはシャッタースピードダイアルがありますが、やはりこのようなメカニカルな操作系はカメラとして大切な要素ですね。

トラディショナルはビューファインダー、というよりレンズをそのまま素通しで見るようなより直感的なファンダーを提案。

撮影した画像はスマホとはBluetoothで連携すということです。

三脚穴があるのがカメラとして重要なポイント。ストラップ穴の部分がスクリューになっており、それを外すと三脚穴に。

ストラップと三脚は排他的な要素ですので、これを一体化したのはアイデアですね。

そして、充電も非接触タイプの置くだけ充電。最近スマホでこのタイプの充電機能が広まりつつありますが、デジタルカメラでも是非採用してほしいですね。(ソニーが一部出していますが)

広告イメージや、パッケージまで考えられているという念の入れようが素晴らしいですね!

Vincent Sällさんはライカがすでに発売しているコンパクトデジタルカメラLeica X2にインスパイアされたということです。

実際にこのような革新的なカメラがライカから発売されることを考えただけでわくわくしてきますね!是非!(買えないけどw)


スポンサードリンク

アマゾン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です