Mac Bookより写真向き?「Google Chromebook pixel」 が気になる

スポンサードリンク

Googleが2年前から開発していたというタッチノートPC「Google Chromebook pixel」がとうとう発売されることになるそうです。

そのプロモーション動画はこちら

「Chromebook Pixel」はタッチパネル機能付きの高解像度ディスプレイ(12.85インチ、2560×1700ピクセル)などが特徴で、グーグルが2年前から開発を進めてきたハイエンド製品。

Via : グーグル、高解像度ディスプレイ搭載「Chromebook Pixel」発表 « WIRED.jp

現在のノートPCで、12.85インチ、2560×1700ピクセル 239ppiということで、MacBook Pro Retinaディスプレイモデルを超えるピクセル密度を誇るということです。

また、ディスプレイの縦横比が3:2ということで、一般的な一眼レフカメラのイメージセンサーの縦横比と一致していることで、写真がより高解像度で閲覧することが出来そうです。

ライバルとなるMacBook Air、MS Surface Proとの比較

AirとSurface Proには、それぞれ優位性があるものの、まだChromebook Pixelを完全に切り捨てるにはまだ早すぎる。それは、Chrome OSにとって絶対必要な弾みをつけるべく、理想的なタイミングで現れた理想的なパソコンなのかもしれないが、今のところGoogleに必要なのは、なぜクラウドに依存したパソコンに1299ドル払わなければならないかを論証することだろう。そう、他の〈何〉よりも。

Via : Chromebook PixelをSurface Pro、MacBook Airと比較する

但し、価格は1299ドル〜1499ドルとこちらもMacBook Pro並の価格・・・・Chrome Bookが比較的低価格だったのに対して、Google自らデザインした「Chromebook pixel」はAppleに対抗するプレミアムハードウェアメーカーとしてのデビュー作品になるのでしょうか?

「限界を押し上げ、卓越したものを構築することが目標だった」と、Chromeおよび「Google Apps」オンラインサービスを統括するエンジニアリング担当シニアバイスプレジデントのSundar Pichai氏はインタビューで述べた。Googleのエンジニアらは2年前、「実現し得る最良の価格で最高のコンピュータを本当に設計したいとしたら、自分たちに何ができるだろうか」と自問しながら、「labor of love」(見返りを目的とせずに好きでする仕事)プロジェクトに着手したという。

Via : グーグル、「Chromebook Pixel」を発表–「Chrome OS」搭載製品の最上位機種 – CNET Japan

ギズモードでは早速ハンズオン記事をアップしています。

グーグルが初めて開発設計まで手がけたラップトップChromebook Pixelが発表されました。アップルのライバルに成り得るとも言われる高画質端末。その使い心地はさていかに! 米Gizmodoがさっそく触ってきた感想をあげています。見てみましょう。

Via : グーグルChromebook Pixel、さっそくハンズオン! : ギズモード・ジャパン

これまでのChromebookより強力なプロセッサ、そして、LTE接続という正にクラウドノートPCとして、日本での発売も期待したいですね。

「Chromebook Pixel」を購入すると、3年間1Tものオンラインストレージを使えるそうですから、やはり写真などのクラウドバックアップと閲覧に最高のノートPCかもしれかせんね。

但し、3年後に1Tストレージを再契約しないとなると、どうなるのか;;;^^)ちょっと心配。


スポンサードリンク

アマゾン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です