ホンダ山本芳春社長がF1復帰について興味を示しているとコメント

スポンサードリンク

イギリスの『オートカー』誌のインタビューということです。

しかし、本田技研工業株式会社の取締役専務執行役員であり、技術開発部門である本田技術研究所の代表取締役社長執行役員も務める山本芳春氏が、『autocar.co.uk』へ今でもF1はホンダにとって魅力的な舞台であると語った。

Via : ホンダ首脳、F1復帰の可能性を否定せず | トップニュース|F1 車 映画|2012Live速報

「F1は自動車レースの最高峰であり、大きなコミットメントを必要とします。しかし、我々がそのようなレースを見上げ、いつかまた参戦することを願っているのは事実です」

Via : ホンダ社長 「機会があればF1に復帰したい」 【 F1-Gate.com 】

「個人的レースが大好きで、ホンダがF1に参戦していた時は今以上に関わっていた。 F1は自動車レースの最高峰であり、多大な責任が求められるが、われわれが現実にF1レースを見つめていること、そしていつの日か再び参戦できることを期待しているのは事実だ」

Via : ホンダ、再びF1参戦に関心?: FMotorsports F1

「個人的にすぐに復帰できるとは思わないが、ルールが変更され、我々が興味を持つ可能性は残されている。ルールを追っているのは確かであり、もしチャンスがあれば復帰できたら嬉しいね」

Via : ホンダ 将来的なF1復帰に興味 – GPUpdate.net

と思わせぶりな発言のようですが、栄光のV6ターボエンジンでのホンダ復活というシナリオは成り立つのでしょうか?

小林可夢偉さんが盛り上げてくれた、鈴鹿サーキットでの日本GPの人気を見れば、まだまだ日本の方々もモータスポーツに興味がある筈です。

ただ、前回のような、いきなり撤退。。。。ということは絶対に避けて欲しいですね。

先月、鈴鹿サーキットで撮影した、中島選手が最後に狩ったロータスホンダ

SUZUKA - '87 LOTUS 99T Honda - Nakajima

SUZUKA - '87 LOTUS 99T Honda - Nakajima

SUZUKA - '87 LOTUS 99T Honda - Nakajima

SUZUKA - '87 LOTUS 99T Honda - Nakajima


スポンサードリンク

アマゾン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です