ソニーがフルサイズのコンパクトデジタルカメラ「Cybershot RX1」を出すかも!?

スポンサードリンク

来週にドイツで開催される、世界最大の写真ショー、フォトキナ2012を前にして各社新製品発表の情報が飛び交っていますが、今回の最も大きなサプライズとして、もしかしたら、ソニーは35mm版フルサイズイメージセンサーを搭載した“コンパクト”デジタルカメラ、「サイバーショット RX1」を発表!するかもしれないという情報が流れています。

いきなりのRX1リークイメージがアップされています。

ちなみに、ソニーはフォトキナで、35mmフルサイズセンサーを搭載する、SONY α99を発表する(こちらも噂)ようですが、このRX1はそのα99と同じセンサーを採用するようです。

そして、価格はRX1もα99も約2800ドルということで、日本円ですと、25万円~30万円の価格帯に収まることになるのでしょうか?いずれにしても高級カメラ、というか、通常のコンパクトデジタルカメラの約10倍という超ハイエンドのカメラが登場することになるかもしれません。

更に、更に、現在ソニーはCybershot RX100を発売していますが、RX1が出るということは、RX10も期待出来ます。

RX100 = 1インチセンサー
RX10 = APS-Cサイズセンサー(通常の一眼レフカメラと同じ)
RX1 = フルサイズセンサー(プロ向け一眼レフカメラと同じ)

というラインアップというか、シリーズをソニー考えているかもしれません。

ちなみに、銀塩カメラが出るまでは、コンパクトデジタルカメラと言えども殆どのカメラ(写ルンですも含めて)は、35mm版の銀塩フィルム(あるいはAPS)でしたので、ある意味カメラとしては原点回帰ということになるのかもしれませんね。

富士フィルムがX100、シグマがDP2 MerrillとDP1 Merrill、リコーがGXRのA12/A16ユニットとして、APS-Cサイズのセンサーを搭載するコンパクトデジタルカメラは続々発表されていまたが、とうとうフルサイズに行っちゃう。。。ということですね。

そのうち、ROMOデジタルとして、中版センサーを搭載するデジタル一眼レフカメラが出てくるかもしれませんね(^^;


スポンサードリンク

アマゾン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です