高性能GPS搭載ウォッチ「スント Ambit:アンビット」に物欲

スポンサードリンク

4月に発売されていたカーナビ並のGPS機能を搭載した、SUUNTOのフラッグシップモデル「スント Ambit」ですが・・・・

海外でこのSUNTO Ambitの超ディープな記事を見て一気に欲しくなりましたw

The Suunto Ambit is the first GPS device out on the market that’s very clearly targeted at ultra runners – and those wanting to go long distances for a long time, upwards of 50+ hours.  Additionally, the device claims smoothed GPS paces using a new ‘FusedSpeed’ technology, as well as a 3D compass and barometric altimeter.  But with all these new features, does the watch fail to deliver on some of the basics?  And how does it fit into the scene for non-ultra runners?  Well, I dig in to find out.

Via : DC Rainmaker: Suunto Ambit In-Depth Review

っていうか、このレビューあまりにも長く英語なので辛い(^^;ので日本語で検索して見ると日経トレンディネットにも、レビュー記事がアップされていましたね。

アウトドアやスポーツの分野でアスリートたちの挑戦をアシストするスントから、待望の最新スポーツウォッチが4月27日に発売された。しかも、その発売のニュースを聞いた人々が早々に予約をし、日本正規品の初回販売分は発売日当日で完売。次回入荷は8月ごろという人気ぶりだ。

Via : 発売日完売で入荷は8月!?スポーツ時計「スント Ambit」の実力 – トレンド – 日経トレンディネット

  • スント曰くアンビットを、“スントのトップモデル”と呼ぶようにしている
  • 自動車のカーナビゲーションシステムにも採用されている最新のGPSチップ「SiRFstarIV」を搭載
  • あらかじめ登録しておいた自宅や目的地へ案内してくれるナビゲーション機能もついている
  • リチウムイオンバッテリーを内蔵し長時間使用できるのが特徴
  • 付属のUSBケーブルをパソコンにつないで充電でき、、60秒ごとの設定ならば50時間連続使用が可能
  • 「バイクPOD」でマウンテンバイクなどさまざまな種類の自転車に対応し、距離・速度を計測
  • 情報公開などができる無料のスポーツコミュニティサイト「Movescount.com」にデータをアップロード可能
  • 他のスント商品より分厚く大きく感じるが、持った感じは軽かった(78g)
  • 白バックに黒文字だった画面が反転し黒バックに白文字に変化させることが可能
  • 4月27日に発売、日本正規品の初回販売分は発売日当日で完売。次回入荷は8月ごろという人気ぶり

ということで、人気⇒品薄⇒余計欲しくなるモード;;;^^)とも言えますが、
先日バイクで写真撮影しながらツーリングした時も、GPSロガーなどでどこに行ったかを記録しておけば良かったとちょっと後悔(^^;
GPS搭載のデジカメやiPhoneなどを、GPSロガーとして使っても良いのですが、GPSを動作しっぱなしにしておくとバッテリーの消耗が激しく、肝心の時に使えなくなる可能性もあるようで、別にGPSロガーも購入しようかなと思っていたところですし、大型で、雨にも耐えられる丈夫な腕時計も欲しかったところです・・・

どっしよっかなぁw


スポンサードリンク

アマゾン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です