ロンドンオリンピック 白レンズキヤノン .v.s. 黒レンズニコンの戦い

スポンサードリンク

カメラメーカーにとってオリンピックは最も重要なイベントですが、実質キヤノンとニコンの2大一眼レフカメラメーカーがその舞台で活躍するカメラとなっています。

少し前はスポーツ報道用のカメラと言えばキヤノンのシェアが高く、その白いレンズが会場を埋め尽くしていたのですが、北京オリンピック以来ニコンは急激にシェアを高めてました。
当然ロンドンオリンピックでもキヤノン.v.s.ニコンの戦いが注目ということですが・・・・

ロンドン五輪の舞台裏で、キヤノンとニコンがデジタル一眼レフカメラの世界一の座を巡り、熱戦を繰り広げている。  メーカーにとって世界の報道カメラマンが集まるスポーツの祭典は、技術力や信頼性をアピールする絶好の機会だ。ともに4年に1度の五輪に合わせて最高級機を投入し、担当者を現地に送り込むなど火花を散らす。

Via : 一眼レフの祭典…キヤノン、ニコン 五輪使用率競う : M&A・企業ニュース : 企業ナビ : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

読売の記事によれば、ややキヤノンが優勢ながらニコンとほぼ拮抗状態ということですね。

但し、こちらの記事・・・・ロイターはキヤノンのカメラを用いたロボットカメラを大量導入していますので、実際会場で活躍しているキヤノンカメラはもっと多いということかもしれませんね(^^;


スポンサードリンク

One thought on “ロンドンオリンピック 白レンズキヤノン .v.s. 黒レンズニコンの戦い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です