ロンドンオリンピックのシンクロナイズドスイミングの映像はNHKのロボットカメラが担当

スポンサードリンク

NHKが独自開発した、水中映像を水上映像をシームレスに合成して映像化する「ツインズカム」がロンドンオリンピックに採用されたそうです。

空気と水では光の屈折率が異なりますので、同じレンズで撮影すると画像は異なる画角になります。
また、露出も異なりますので、1つのカメラでは水中と水上を同じ明るさで撮影することも出来ません。
そこでNHKは2つのカメラを使いそれぞれほ画像を撮影、合成することでこれらの課題をクリアしたようです。
また、ズームレンズの場合は更に話は複雑で、レンズ側のみならず、電子的にもリアルタイムで合成することで解決したようですね。

ロイターはロボットカメラをロンドンオリンピックに投入するようですが、日本の独自技術が歴史的な大会の記録用機材として採用されるのも嬉しいことですね。


スポンサードリンク

アマゾン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です