iFixitも断念した Retina MacBook Proバラし

スポンサードリンク

恒例iFixitが早速 Retina MacBookのバラしにチャレンジしています。

MacBook ProはMacBook AirやiPadと同様、すべてのパーツが限界まで薄さを追求したカスタム・デザインだ。 バッテリーは筐体に接着されているし、RAMはロジックボードに直接ハンダ付けされている。SSDもカスタムで、さらに悪いのはディスプレイまわりが完全に一体化された一個のパーツになっていることだ。つまりこうした一体型パーツのどこかが故障したらパーツ全体を交換するしかない。

Via : ご用心!―「新MacBook Proは事実上修理不可能」とiFixit

 極め付きはバッテリーで、ネジではなく接着剤で貼り付けられており、簡単には取り外せない(iFixitは断念した)。バッテリーの裏にトラックパッドのケーブルが隠れているので、トラックパッドに問題が生じても修理は難しいとiFixitは言う。

Via : Retina MacBook ProをiFixitが解剖 バッテリー接着で“最も修理しにくい”PC – ITmedia ニュース

なんと、iFixitでさえもバッテリーはバラせないそうで、実質バッテリーの交換は難しそうですね。

購入される方アップルケアに入った?(^^;

スポンサードリンク

アマゾン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です