映画「The Pirates! Band of Misfits」はキヤノンEOS 1D mark IIIで撮影した100万枚の写真から製作された

スポンサードリンク

アニメーション大作「The Pirates! Band of Misfits」あえてCGではなくクレイアニメーションによって製作されましたが、撮影したのは50台のキヤノンの一眼レフカメラEOS 1D mark IIIということです。

The Pirates marks the first feature length film shot on DSLR by Oscar-winning British animation house Aardman, moving from specially adapted film cameras after successful trials in animated shorts and television advertising.
With over one million frames shot for The Pirates, around 50 cameras were used on sets which were shot simultaneously. The resulting film, which also features CGI elements, was released earlier in the year.

Via : Why Aardman shot its latest movie on Canon DSLRs | News | TechRadar

こちらが撮影風景

これで、粘土で出来た人形を、動かしながら秒24コマ分の膨大な撮影と作業が行われてたということです。
そして、その撮影枚数は100万枚以上。

Canon EOS 1D mark IIIが採用されたのは、その耐久性や信頼性ということですが、もう1つの理由はイメージセンサーサイズがフルサイズでは無くAPS-Hサイズということなのです。

こちらが、完成した映画の予告編。

フルCGとはことなる、リアルさというか立体感が印象的ですね。

ただ、ちょっと気になるのが、ソニーピクチャーの製作ということで、α一眼カメラは使わなくて良かったのかなー?ということ;;;^^)


スポンサードリンク

アマゾン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です