BMWが開発絶対に消えないロンドンオリンピックの聖火リレーのトーチ

スポンサードリンク

今全英をロンドンオリンピックの聖火リレーが進行中のようですが、そこで使われているトーチはBMWが開発したということです。

イギリスは霧雨が非常に多いが、トーチは必ず燃え続けなければならない。従ってロンドン・オリンピック組織委員会は、自動車メーカーのBMW社に助けを求めた。

Via : BMW社も開発に参加「絶対に消えない五輪聖火」(動画) « WIRED.jp 世界最強の「テクノ」ジャーナリズム

19日 ロイター] ロンドン五輪の英国での聖火リレーが19日、セーリング英国代表のベン・エインズリー選手を第1走者に大ブリテン島西端のランズエンド岬でスタートした。

Via : 五輪=ロンドンの聖火リレー、英国ランズエンド岬からスタート | Reuters

こちらはミュンヘンのBMW本社。
ここで開発されたそうです。

Powershot BMW Museum

燃焼の問題であること、世界中の気象を知り尽くしていること、風洞実験装置があることなどからやはり聖火トーチの開発は自動車会社において他に無いような気がしますね!w

BMWでの開発を記録した動画


スポンサードリンク

アマゾン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です