Adobe Photoshop Lightromm 4 正式発表

スポンサードリンク

おっ アドビAdobe のRAW現像&写真ワークフローツール Photoshop Lightroom 4が正式発表〜
早速ダウンロードしてMacにインスコしました!

アドビのサイトでは無償のLightroom 4 パブリックベータダお試し キャンペーンやってます。
パブリックベータは機能制限無くLR4の機能を試すことができますが、わたしも早速ダウンロードして試用中〜です〜

と思ったら、日本でも早速正式版の予約が開始されています。


Adobe Photoshop Lightroom 4

LR4での主な機能追加や改善点

◆ハイライトとシャドウの復元
LR3は露出、明るさが → 露出に統一
LR3で黒レベル、補助光効果、露光量、白とび軽減 → ハイライト、シャドー、白レベル、黒レベルに
より解りやすいコントロールになっています。
また、段階フィルターで制御出来る項目が増え、ノイズ低減やモアレ低減処理も追加されているようです

◆位置情報を管理
地図に撮影位置が表示されるようになります。
また、GPSが搭載されていなカメラの場合地図に写真をドラッグ&ドロップすることで位置情報を埋め込むことが出来るようになりました。
この写真をFlickrに書きだすと勿論位置情報が付加された状態で写真が公開されます。
これまでFlickr上で位置情報を追加するのは大変な作業だったので、Lightroom4で出来るようになって本当に楽になりました。

◆ビデオ編集のサポート
なんと、LR4上でビデオのカット編集や、写真と同様のパラメーターで色補正が出来るようになりました。
勿論ムービーとして仕上げるというより、単一ビデオの色調整が出来るくらいですが、それでも記録用としてはこれで十分、というか。スチルと同じ画像調整ができますのでカメラフォトグラフィーのデータを仕上げるのに最適だと思われます。

◆フォトブックの作成
フォトグラファー一人で写真集を編集出来るようになりました。
未だ試していません;;;^^)

ということで、これらの機能に加えベーシックな画像処理性能と品質が向上しているように思えます。
強く補正しても破錠しないというか、より安定して補正パラメーターをいじくり回すことが出来ます。

ということで早速Lightroom 4 Betaで試していた写真はこちら。

こちらのセットでは最初の8枚をLR4ベータで、その後はLR4正式版で現像しています(現在追加中)

やっぱり写真を現像するのは楽しいですね〜
アドビストアはこちら。


スポンサードリンク

アマゾン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です