【F1 2012マシン】Toro Rossoトロロッソ STR7

スポンサードリンク

トロロッソはSTR7を発表、やはり段差ノーズを採用。
まんまレッドブルカラーなので見分けが難しいですが、その段差の処理に注目すれば、RB8より保守的なことで判断が付くようです。

Toro Rosso STR7

レッドブル・レーシング、ザウバー・チームらと時を同じくし、スクーデリア・トロ・ロッソも6日(月)ヘレス・サーキットで2012年新型車『STR7』を正式発表した。

Via : トロ・ロッソも新型車『STR7』をヘレスで発表: FMotorsports F1

月曜日、トロロッソは新車STR7をヘレスサーキットの特設ステージで発表した。発表会にはダニエル・リチャルドとジャン・エリック・ヴェルニュの両ドライバーが参加し、二人は赤いヴェールを剥いで新車を披露した。

Via : トロロッソ STR7を発表 – GPUpdate.net

Toro Rosso STR7

トロ・ロッソのテクニカルディレクターを務めるジョルジオ・アスカネリが、STR7の開発について語った。

Via : トロ・ロッソ STR7 技術解説 【 F1-Gate.com 】

トーロロッソのSTR7も、レッドブル「RB8」やフェラーリ「F2012」、ケーターハム「CT01」、ロータス「E20」などと同じく、フロントノーズの高いニューデザインを採用。またノーズの途中には段差が設けられているが、他チームのマシンほど、明確な段差ではないように見受けられる。

Via : トーロロッソ、2012年のF1マシン初公開…STR7 【 carview 】 ニュース – 自動車業界 最新の動向を毎日チェック

Toro Rosso STR7

Toro Rosso STR7

ヘレステストでも好調のようです

ダニエル・リチャルドは、ヘレステスト初日に新車トロ・ロッソSTR7で57周を走行し、5番手タイムとなる1分20秒694を記録した。

Via : ダニエル・リチャルド 「STR7は楽しいクルマ」 (ヘレステスト初日) 【 F1-Gate.com 】

スポンサードリンク

アマゾン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です