とにかく手持ちの一眼レフレンズを超高性能にする方法

スポンサードリンク

キヤノンの入門一眼レフカメラのキットレンズの EF-S18-55mm F3.5-.5.6 IS II ですが、軽量で取り回しが良く性能や画質もまったく問題が無いワケですが、それでも外観は“キットレンズ”。ちょっと一眼レフに興味を持ち始めてカタログを見るともっと高級なレンズが並んでいるんですよね。


Canon EFレンズ EF-S18-55mm F3.5-.5.6 IS II デジタル専用 ズームレンズ 標準

そして、キヤノンの一眼レフカメラの最高峰のレンズがLレンズ。特に望遠側のLレンズは白い鏡筒が特徴で、スポーツ撮影ではその白いレンズの砲列がプロ用一眼レフカメラの象徴にもなっているんすよね。


Canon EF Lレンズ 300mm F2.8L IS USM

そこで、こんなことした人が現れました。

EF-S 18-55レンズをばらして、鏡筒をホワイトにペイント。おまけに赤い線まで入れてもうそのまんまLレンズの外観!w
これで、画質は3倍くらい良くなりそうですねwww

こちらは、キヤノンの超コストパフォーマンスレンズ、Canon EFレンズ EF50mm F1.8 II 単焦点レンズ 標準

なんと実売価格は1万円以内!!、条件によってはLレンズ並の描写力を誇る、私のようなプアマンズキヤノラーにとっては最高の選択のレンズですが、これも白塗りすると、その価格は一挙に10倍くらいになりそうな予感!

えっ、ニコンのプロ用望遠レンズまで、ホワイトに!?
北京オリンピックでは、ホワイトがキヤノン、ブラックがニコンのシェア争が話題になっていましたが、ニコンをホワイト鏡筒にするなんて、この裏切り者!w

ってか、その逆もアリ!かい!www
キヤノンの白レンズをわざわざブラックにするなんて・・・・・もう後戻りきが効かないし(泣)

サードパーティ製レンズ、シグマ APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSM キヤノン用 APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSM EO
これを白にするだけで、キヤノ(ry
通常はこのパターンが有効かと思われます。


シグマ APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSM キヤノン用 APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSM EO

皆さんも頑張ってみて下さい!
っていうか、レンズによっては買うより高くつくかもなので、ご無理なさらないようにお願いします!w

最もコストパフォーマンスに優れるこちらの方法をご紹介いたします。

キヤノンのLレンズの標準~広角レンズは、ブラックの鏡筒に赤い線が入っているんですよね。
その赤いライン1本でレンズの価値は3倍~5倍くらいですね!!


Canon EFレンズ EF50mm F1.2L USM 単焦点レンズ 標準


スポンサードリンク

アマゾン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です