F1 2012年ピレリタイヤ発表(動画)

スポンサードリンク

ピレリが2012年F1タイヤを公開しました。

ピレリは、2012年シーズンに使用するタイヤを発表した。昨年同様にタイヤはコンパウンドごとに側面のマーキングが色分けされており、スリックタイヤについては色自体は昨年と変わっていないが文字は少し太くなっている。また、ウェットタイヤには”Cinturato”の文字が入り、インターミディエイトは緑、ウェットは青のカラーリングとなった。

Via : ピレリ 2012年用のタイヤを発表 – GPUpdate.net

デザイン、形状、タイヤ特性も改善されているということです。

またピレリは、タイヤの摩耗とグリップを向上するため、より角ばった形状を採用し、より軟らかいタイヤになるとしている。さらに、昨年のタイヤは急激な性能低下が問題になっていたことから、今年は性能低下の度合いを一定に保つことも目指したようだ。

Via : ピレリ、2012年F1タイヤを発表 | F1トップニュース | 2012年F1ニュースLive速報 | TopNews.JP

そんな新ピレリF1タイヤを解説するビデオ

2011年から採用され、F1をより面白くしていると評価が高いピレリタイヤですが、2年目となりより安定性を高め、充実したレースを見せてくれることになりそうですね。

またそのピレリF1タイヤの開発ドライバーとして。昨年までルノーF1で戦っていたピーターペトロフが抜擢されました。

2010年から2年間に渡って在籍したルノー・チーム(ロータス・ルノーGP)から放出されたヴィタリー・ペトロフ(27歳:ロシア)が、ピレリタイヤの開発ドライバーを務めることがわかった。

Via : ペトロフ(前ロータス・ルノーGP)、ピレリの開発ドライバーに: FMotorsports F1


スポンサードリンク

アマゾン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です