スターウオーズカメラがハリウッドオークションで $625,000 という新記録の落札価格に

スポンサードリンク

ジョージ・ルーカスがスターウォーズ:エピソードIVの撮影で使ったカメラのPanavision PSR 35 mm カメラがハリウッド関連グッズのオークション新記録価格で落札されたそうです。

The camera that lensed the Star Wars: Episode IV – A New Hope sold for a record $625,000 at an auction held Saturday in Beverly Hills. The sale shattered the record for both Star Wars memorabilia and vintage Hollywood film cameras sold at auction. The name of the buyer was not released.

‘Star Wars’ Camera Fetches Record $625,000 at Auction – Hollywood Reporter

 

このカメラのカメラを所有していたのは、女優のデビー・レイノルズさん。

今回の落札価格は本体が$520,000+手数料$105,000という価格となったそうです。

これまでのオークション落札記録は、スターウオーズで用いられたTIE fighter のミニチュアで$402,500。
今回この記録を更新したということです。

 

 

スターウォーズIVは映画史上に残る作品としてアメリカ国立フィルム登録簿に永久保存登録されています。
この作品を撮影したこのカメラは映画史上に残るカメラということですね。

アメリカ国内のみでの総合興行収入は歴代2位(最高興行収入映画の一覧参照)。1989年にはアメリカ国立フィルム登録簿に永久保存登録された。

Via : スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望 – Wikipedia

ルーカスは2000年頃からデジタルシネカメラを推進するようになりました。
今回のカメラは、フィルム映画史上頂点のカメラでもあるんですね。

2000年ではデジタルシネマの推進に最も意欲的だったのが、『スター・ウォーズ』シリーズで知られるジョージ・ルーカスである。彼は『クローンの攻撃』において長編映画では史上初めて完全デジタル撮影を行うと共に、当初は「本作はデジタル上映以外は許可しない」と発言していたが

Via : デジタルシネマ – Wikipedia

スポンサードリンク

アマゾン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です