東芝が世界初?の無線LAN内蔵メモリカード「FlashAir」びみょっ

スポンサードリンク

無線LAN内蔵メモリカードと言えばEye-fiと相場が決まっていそうなもんですが、何と東芝が同様の製品を発表し、“世界初”宣言しちゃいました。

FlashAirを一般のデジタルカメラに挿入すれば、無線LANによる通信機能が利用可能。スマートフォンやパソコンなど、通信機能を持った機器にカメラの写真をコピーできるという。対応ファイルは、JPEG、MPEG、RAWなど。通常のSDHCメモリーカードとしても使用可能で、スピードクラスはClass6。

東芝、無線LAN機能付きSDHCメモリーカード「FlashAir」 – デジカメWatch

どうやら、東芝はEye-fiが“SDHC” じゃないと主張しているそうなんです。

なんだかビミョーですが、せっかくメモリの東芝なんだから世界初の“SDXC”Wi-fiメモリカードくらいで発売して欲しかったと思います。

あるいは、世界初の“16GB”Wi-fiメモリカードでもイイっすよw

一方で、どうせ買うなら東芝製のほうが、、、、なんてw
もしかしたらすぐに東芝OEMなメーカー同様の製品出すかもしれませんね。

詳しい違いの解説はこちら

本商品は、無線LANのアクセスポイント機能を持っていますので、”本商品が挿入されたFlashAirに対応したデジタルカメラ間”でカメラの写真の再生やコピーを”相互”に可能にしたことが世界初となります。

東芝の「世界初」無線LAN SDカード FlashAir 続報、Eye-Fi CEOと東芝のコメント

関連ニュース記事:

http://journal.mycom.co.jp/news/2011/09/02/035/index.html

 IEEE802.11 b/g/nの無線LAN機能を内蔵し、「FlashAir」に対応したデジタルカメラなどの機器間で、PCを介さずにワイヤレスでファイルを送受信できる。クラウドサービスへのアップロード/ダウンロードも可能。無線通信機能は、画像データの送受信時のみ起動するので、対応機器の消費電力を抑える。

東芝、無線LAN通信機能を搭載したSDHCメモリカード「FlashAir」

東芝のプレスリリースによると、同社はSDHCメモリカードとして世界で初めて無線LAN通信機能を搭載したSDHCメモリカード「FlashAir」を商品化するそうです。2011年11月からサンプル出荷を行い、2012年2月に発売開始予定。

東芝が無線LAN内蔵SDHCカード「FlashAir」発売へ、パソコン不要で転送可能 – GIGAZINE

 現在、SD Associationの作業部会で標準規格の策定を進めている。「将来的には、この標準規格に準拠したSDHCメモリカードを製品化したいと考えている」(東芝)。2012年2月に発売予定のFlashAirの品種が、SD Associationの標準規格に準拠するかどうかは、現時点では未定だという。

無線通信技術 Wi-Fi:挿し込むだけでワイヤレスデジカメに、東芝がWi-Fi搭載のSDHCメモリカードを発売 – EE Times Japan

先行製品のEye-Fiとの違いは、デジタルカメラ間でのデータ交換に対応している点でしょうか。

スラッシュドット・ジャパン ハードウェア | 東芝、無線LAN搭載SDHCメモリカードを発表。「世界初」?


スポンサードリンク

アマゾン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です