こっコレ凄っ!ホンモノのタービンエンジンで制作した1989バットモービル!(動画)

スポンサードリンク

映画バットマンの中で登場するバットモービル、これを愛車にしたいと思う方は多いと思いますが?
なんと、Casey Putschさんはボーイング製軍用リコプター用タービンシャフトエンジンで“Turbine 1989 Batmobile”を再現しました!

  • 軍用ボーイングヘリコプターエンジン
  • ホイールベース139インチ
  • 全長20feet
  • 全幅7feet5inch
  • 車両重量2800ポンド
  • スチールチューブフレーム
  • 4輪独立でコクピットからアジャストできるエアサスペンション
  • LSD搭載
  • ディスクブレーキ
  • 4速セミオートマチックシーケンシャルシフト(リバースギア付き)
  • デジタル計器類はiPadアプリをサポート、GPS、衛星インターネット対応
  • 可視光領域&赤外線領域対応のバックモニター
  • スライディングキャノピー
  • オンボード消化システム
  • 定員2名
  • 米国での公道走行に必要な法規と保険に対応済み

エンジンは1960年代の米国海軍の軍用攻撃ヘリコプター用のもので出力は365馬力、ジェット燃料、灯油、ディーゼル燃料で動かすことが出来るそうです。

ラッゲジースペースも備わり、小旅行も可能だとかw

それでは実際に動いている動画をどうぞ

こちらは製造時の動画

Mariemontホテルにさっそうと乗りつけwかっこいい!!w

こちらがオリジナルの1989バットモービルのコンセプトスケッチ。。。あまりにも忠実で脱帽です


スポンサードリンク

アマゾン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です