自分の目の代わりにデジタルカメラを埋め込みたいという美女

スポンサードリンク

サンフランシスコ在住のアーティストTanya Vlachさんは2005年自動車の事故により左目を失ってしまいました。
これまで彼女は義眼を使っていたのですが、なんと!kickstarter.comでその義眼の中にデジタルカメラを埋め込むというeye-cameraプロジェクトの資金の調達を開始しています。

Grow a new eye from Tanya Vlach on Vimeo.

Tanya Vlachさんが考えているのは、720pの動画撮影できるカメラをリモコンでコントロールし、ワイヤレスで画像(動画)を転送できるカメラユニット、将来はARまで発展させることも目標のようです。

スペック

  • 目標は720p HD MPEG-4 / H.264 で動画出来ること
  • ビルトインワイヤレストランスミッター
  • Bluetooth対応
  • リモコン動作
  • Mini A/V 出力端子
  • Firewire / USB / Mini HDMI
  • 光学3倍ズーム
  • 内臓電源(インダクター)
  • モバイルアプリケーションの開発
  • 厚さ8mm
  • 大きさl: 21 – 23 mm
  • カメラの口径: 直径12.25 mm
  • 焦点距離 : 4.5 mm

課題リスト

  • ワイヤレス
  • センサーの調達
  • 光の強弱で瞳孔の大きさを調節できること
  • 赤外線・紫外線への対応
  • ジオタグ
  • 顔認識
  • 防水性
  • 本物らしく見えること

彼女の目標は8月3日までに$15,000の資金を集めること、
本日(7月13日)残り21日時点で、117の資金提供者から$5,290の資金を集めています。

この、すばらしい身体を張ったプロジェクトに、資金提供されたい方はぜひ、Grow a new eye by Tanya Marie Vlach — Kickstarterのプロジェクトにご入金を!

スポンサードリンク

アマゾン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です