新ブランド「BMW i」から100%電気自動車i3とプラグインハイブリッドスーパカーi8発表

スポンサードリンク

「BMW i」というサブブランドが立ち上がったそうです。
この新ブランドは、ハイブリッドカーや電気自動車などエコな車をプロデュースするブランドになるそうです。
また、カー&パーキングシェアリングサービスなども手掛けるそうです。

早速2台のコンセプトカー「BMW i3」と「BMW i8」も発表しました。

BMW i3 koncept

BMW iは「明確なビジョンを持った車両とモビリティ・サービスの開発、感動を呼び起こすデザイン、そしてサステイナビリティを強く意識したプレミアム性に関する新たな理解」を意味しており、その母体となった「プロジェクトi」は「持続可能で先駆的なモビリティ・コンセプトを開発すること」を使命に、部門横断的に設立された。

Via : Car Watch 独BMW、次世代モビリティのサブブランド「BMW i」を正式発表


YoutubeにもBMW iチャンネルが立ち上がっています。

こちらが電気自動車BMW i3

i3 コンセプト

  • 全長×全幅×全高[mm] 3845×1537×2011
  • ホイールベース[mm] 2570
  • 重量[kg] 1250
  • モーター出力[kW/Nm] 125/250
  • 最高速度 150km/h
  • 0-100km/h加速[秒] 7.9
  • 航続距離[km] 130~160
  • 充電時間 100%まで6時間
  • 60%まで1時間
  • トランクルーム 約200L

◆動力・駆動系

  • リチウムイオンバッテリー
  • オプション「REx」発電機で航続距離を伸ばすことができる
  • 最高速度はバッテリーの利用効率の観点から150km/h
  • 1速トランスミッション
  • 後輪駆動

◆ボディ・シャーシ

  • 車体下部はモーターやリチウムイオンバッテリーを収めたアルミ製「ドライブ・モジュール」
  • 上部にCFRPのパッセンジャールーム「ライフ・ドライブ・アーキテクチャー」

◆インテリア

  • 4人乗り
  • ダッシュボードとドアパネルは天然繊維
  • シートは天然のなめし革
  • ドライバー前面に6.5インチディスプレイ
  • センターコンソールに8.8インチのセントラル・インフォメーション・ディスプレイ

◆ドライビング補助機能

  • 歩行者検知機能付き自動ブレーキ
  • パーキングアシスタンス
  • 車間を維持する機能

こちらがBMW i8 Concept

  • 全長×全幅×全高[mm] 4632×1280×1955
  • ホイールベース[mm] 2800
  • 重量[kg] 1480
  • システム出力[kW/Nm] 260/550
  • エンジン出力[kW/Nm] 164/300
  • モーター出力[kW/Nm] 96/250
  • 最高速度 250km/h
  • 0-100km/h加速[秒] 4.6
  • EUサイクル燃費(L/100km) 2.7
  • 充電時間 100%まで1.45時間

◆動力・駆動系

  • リアアクスルに3気筒ガソリンターボエンジン
  • フロントアクスルにモーター
  • バッテリーはリチウムイオン
  • モーターのみで最大35km走行

◆ボディ・シャーシ

  • パワートレーンを収めたアルミ製の前後アクスル「ドライブ・モジュール」
  • CFRPのパッセンジャールーム「ライフ・モジュール」
  • 50:50の前後重量配分
  • 2枚のドアはAピラーに固定、上方に旋回して開く

◆インテリア

  • 2+2シーター
  • ドライバーの前とセンターコンソールに8インチのディスプレイ

◆ドライバー補助

  • ナビゲーションシステムは目的地を入力するとモーターとガソリンのエネルギー消費を最適化
  • ドライビングモードには通常モードのほか、スポーツ・モードとECO PROモード

BMW i Concepts

BMW i Concepts

BMW i Concepts

BMW i Concepts

BMW i Concepts

BMW i Concepts

BMW i Concepts

BMW i Concepts

スポンサードリンク

アマゾン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です