F1第11戦ハンガリーGPゴール

スポンサードリンク

ハンガロリンクの決勝は複雑な天候の戦いになったようです

その難しい状況を制したのは、マクラーレンF1出走200戦目バトン!!
ポールポジションのベッテルは2位となり、フェラーリのアロンソが3位です。
ハミルトンはタイヤ戦略ミスとペナルティによって4位になりました。

ウェット絡みで目まぐるしく順位を入れ替えたハンガリーGP決勝レースは、これが200戦目の記念レースとなったマクラーレンのジェンソン・バトンが得意のタイヤに優しいドライビングを発揮してみごと自身通算11度目となる優勝を飾った。

Via : バトン(マクラーレン)、ハンガリーGPでメモリアルウィン: FMotorsports F1

2011年F1第11戦ハンガリーGP決勝が、7月31日(日)の現地時間14時(日本時間21時)からハンガロリンク(1周/4.381km)で行われ、雨で混乱したレースをジェンソン・バトン(マクラーレン)が制した。小林可夢偉(ザウバー)は、11位になった。

Via : F1第11戦ハンガリーGP決勝の結果 | F1トップニュース | 2011年F1 Live速報

一方、小林可夢偉さんは好走しながらもタイヤが最後まで持たなくポイント圏外の11位。。。。ちょっと残念でした。

ハンガリーGP決勝は時折雨が降る難しいコンディションの下で70周のレースが行われ、ジェンソン・バトンが自身の200戦目を勝利で飾った。セバスチャン・ヴェッテルが2位、フェルナンド・アロンソが3位に入った。

Via : ハンガリーGP決勝 バトンが200戦目を勝利で飾る! – GPUpdate.net

やはり微妙な天候でタイヤ選択が勝敗のカギだったようです。

決勝スタートは雨。その後も雨がパラつく難しいコンディションのなか、戦略が鍵を握るレース展開となった。

Via : F1ハンガリーGP:ジェンソン・バトンが200戦目を優勝で飾る 【 F1-Gate.com 】

ということで、ハンガリーGPは難しい状況ほどパワーを発揮するバトンが自らの記念すべきGPを祝福で飾ることが出来た訳ですね!おめでとうございます。

スポンサードリンク

アマゾン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です