NEX-C3ポチしちゃいました!我が家に再びNEXが戻って来ます

スポンサードリンク

さっきソニーのミラーレス一眼NEX-C3ポチっちゃいました!
これがきっかけ⇒お買い得?>何故かジャーナルスタンダードのバックが付くSONY NEX-C3のセット dmaniax.com

ひさしぶりにソニーNEXユーザーに戻ります!

ことの始まりは今年の1月6日ラスベガスに出張に行った時、愛機のNEX-5が油断もあり盗難されてしまったこと→CESのお仕事から帰ってきた・・・・パスポート、クレジットカード、NEX-5盗難されちゃったorz

ソニーストア

その後CES2011で展示されていた富士フイルムFinePix X100を衝動買い・・・
ひな祭りの日にX100祭り発生!富士フイルムFinePix X100買っちゃいました

X100のクラシックなファインダーによる撮影スタイルも良いのですが、やはりNEX-5のティルト液晶を用いた撮影もなかなか楽しかったことが忘れらずにいたところ、ソニーNEX-C3が出る!という噂が流れ待っていました。

NEX-5では無くNEX-C3にした理由はこちら

・NEX-C3の1600万画素センサーはフルサイズ並みの現在最強のAPS-Cセンサー(K-5やD7000、α580での実測→DxOMark – Sensor rankings)
・NEX-3よりもシックなブラック&シルバーのデザイン
MFピーキング機能が素晴らしい(NEX-5やNEX-3のファームアップ可能)
・最小のミラーレスNEX-5よりも更に小型化

カメラは小さければ良いというものではありませんが、ソニーNEX-5での脅威の小型化の工夫がさらに進化しているというソニーガジェットとしてNEX-C3に決めました。

「NEX-C3」は新開発の1620万画素Exmor(エクスモア) APS HD CMOSセンサーと高性能交換レンズなどにより、一眼レフカメラと同等の高画質写真とハイビジョン動画を撮影できるレンズ交換式のデジタル一眼カメラです。

軽くて毎日バッグに入れても負担にならないソニーのミラーレス一眼に、「NEX-C31 件」が仲間入り。ボディサイズが109.6×60×33mm、質量が約225gと、シリーズどころか他社製を含めても、最も軽く、最も小さいミラーレス一眼です。撮像素子はAPS-Cサイズの有効約1620万画素"Exmor"APS HD CMOSセンサー。画像処理エンジン「BIONZ」も搭載し、普通の一眼デジカメに負けない絵が撮れますよ。ISO値jは200から12800まで設定可能です。

今回はネットで購入したこともあり24日に手に入るかどうか判りませんが、出来るだけ速くレポしたいと思います!

新開発の有効約1620万画素「“Exmor”APS HD CMOSセンサー」と、画像処理エンジン「BIONZ」、高性能な交換レンズなどを組み合わせ、一眼レフカメラと同等の高画質な写真と1280×720のハイビジョン動画を撮影できる。動画撮影用にステレオマイクを内蔵し、専用の「MOVIE(動画)ボタン」も装備した。ISO感度は、手動の場合は最高ISO12800の高感度まで設定でき、「AUTO」の場合はISO200~1600の範囲でシーンに応じてカメラが自動設定する。

スポンサードリンク

アマゾン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です