HONDA Beatが2013年復活!?

スポンサードリンク

ホンダCR-Zベースで、Beatの後継となるオープンスポーツカーが2013年復活という噂。

Honda_OSM_Concept_281_1600x1200

イギリスの自動車メディア『Auto Express』が伝えるところによると、ホンダは1990年代に生産していたコンパクトなスポーティ・カー「ビート」の後継モデルを開発中であり、2013年後半の発売を目指しているという。

ホンダー・ビートの後継はハイブリッドでは無く、また軽自動車でも無く、1.3〜1.5リットルの4気筒VTECエンジンが登載されるそうです。

ただ、問題は駆動方式がFFということ。

ボディのデザインは、ホンダが2008年のロンドン・モーターショーにHONDA S2000の後継というイメージ出展した「OSM」に似ているとか・・・・

Honda OSM

ちなみに、私は昔ビートを友人に借りてしばらく乗っていた次期があります。600ccミッドシップオープンという構成、地面に近い着座位置がゴーカートのような感覚、そして、エンジンよりシャーシの方が勝るバランスもあり小さなエンジンを常にぶん回しながら、小気味良く走る感覚が本当に楽しめました。

今回のCR-ZベースのFFスポーツカーは、ビートというイメージとはちょっと違いますが、小排気量のVTECエンジンで高回転を追求したエンジンを登載したマシンであればかなり魅力の1台になるのでは無いでしょうか?

Honda OSM Prototype

Honda OSM Concept

スポンサードリンク

アマゾン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です