F1エンジン2013年環境にやさしい4気筒ターボは見送りほぼ確定

スポンサードリンク

2013年から導入される予定となっていたF1エンジン1.6ターボ4気筒の新レギュレーションが棚上げになり、その対案として、V6ターボエンジンという、ちょうど真ん中の落とし所?となりそうです。
また、新エンジンレギュレーションは2014年に延期ということも合意されています。

後はFIAの承認を得ることが出来れば、確定ということですね。

F1チームボスらは、新エンジン規則の導入を2014年に遅らせ、同年から1.6リッターV6ターボエンジンを使用することに合意した。

 水曜、F1委員会会合が開催され、ここでF1マニュファクチャラー側が、2013年から4気筒ターボエンジンを導入するという計画を変更するための提案を行った。

Via : F1チーム、2014年V6エンジン導入で合意 – F1ニュース ・ F1、スーパーGT、Fニッポン etc. モータースポーツ総合サイト AUTOSPORT web(オートスポーツweb)


これまでの流れは・・・・ 
ルノー 早く4気筒化を合意しないとF1撤退
フェラーリ、メルセデス 4気筒化反対
コスワース はっきりして欲しいが今から4気筒にするとコストが掛かるので反対

という感じ。

結局V6ターボに加え、KERSハイブリッドシステムはそのまま継続。

フェラーリは将来の市販車にV6エンジン採用という噂もあったので、希望通りのエンジンレギュレーションに落ち着いたという感じでしょうか?

ちなみに、同じ排気量の場合、4気筒エンジンよりV6エンジンの方が全長がコンパクト化出来る場合も多いようです。

2013年までV8 NAサウンド、そして、2014年からV6ターボサウンドを堪能出来ることになりそうですね。

また、4気筒ならば・・・と参戦を模索していた自動車メーカーにとってはちょっと計画狂っちゃうよーって感じかも。

ホンダも復帰候補として名が挙がりましたがその動向がちょっと気になります(外野が騒いでいただけのようですが・・・・)
かつてF1を席巻したHONDA V6ターボエンジンのサウンドをまた聞きたいと思うのは私だけでしょうか?

F1エンジンについては、2013年から1.6リッターの4気筒ターボエンジンを採用することがすでに決まっていた。しかし、4気筒ターボについては、F1にエンジンを供給する4社のうち、フェラーリ、メルセデス、コスワースが猛烈に反対。その一方で、ルノーは4気筒ターボ導入がくつがえされた場合、F1を撤退する可能性もあるとしていた。

Via : F1、2014年からの1.6リッターV6ターボエンジン導入に合意 | F1トップニュース | 2011年F1 Live速報

こうした意向を受け、FIA(国際自動車連盟)のF1委員会はエンジンの規格を「1.6リッターV型6気筒ターボ」へと変更、さらにその実施を2014年まで延期することを提言したことがわかった。

Via : FIA(国際自動車連盟)、エンジン規定の改定案を提言: FMotorsports F1

FIA会長のジャン・トッドは”より環境にやさしい”エンジンの推進派にもかかわらず、コスワースが明確化を問い合せてきた一方で、フェラーリとメルセデスがそれぞれの懸念を伝えてきたことを認めている。

Via : 新エンジン規約導入は2014年に延期へ | Formula 1 | F1ニュース | ESPN F1


F1テクノロジーの最前線<2010年版> モータースポーツの頂点を彩る最新技術の秘密 (サイエンス・アイ新書)

スポンサードリンク

アマゾン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です