Apple宇宙船型新社屋建築2015年完成にGoGo!Cupertino(クパチーノ)市が絶賛応援

スポンサードリンク

6月6日開催されたWWDCで再び素晴らしいプレゼンテーションを披露してくれたスティーブジョブズ氏、なんとその翌日の6月7日、アップル本社があるCupertino:クパチーノ市の市議会でプレゼンテーションを行いました。

「1万2000人が1つの建物で働くというのは、考えてみると奇妙な感じだ」とJobs氏は市議会で述べた。「これまで多くのビルが集まったオフィスパークも見てきたが、そういう作りはすぐに飽きがくるものだ。われわれはそれよりも何か良い方策をとりたい」

 完成予想図を市議会で提示しながら「地上に降りた宇宙船のような形だ」とJobs氏はそのユニークなデザインに関して語った。

Via : アップル、「宇宙船」型の新社屋建設を計画–ジョブズ氏が市議会で説明 – CNET Japan

ジョブズ氏の21分にも及ぶ、Cupertino市議会でのプレゼンテーション&質疑応答の様子を収めた動画はこちら。

WWDCの翌日、しかも、こんなに長時間、ジョブズ氏自ら新社屋に関する説明を行うなんて、、、普通なら担当に任せるところかも、、、、本社建設については相当の思い入れがあるのかもしれませんね。

ジョブズ氏が提示した新社屋のデザインイメージがこちら

新社屋はまるで宇宙船が着陸したような、巨大なサークル形状。

そして4階建とフラットな設計です。

また、緑化にもかなり力を入れるようで、いままで以上に植物が生い茂る環境になるようです。

もちろん議会もジョブズ氏からのすばらしい提案は大賛成
全力サポートということらしいです。

上のイメージはクパチーノ氏のホームページにアップされた、アップル本社建築計画のページにアップされています。

Apple Inc. CEO Steve Jobs presents his proposal for a new Apple Campus to the Cupertino City Council.   This presentation was recorded Tuesday, June 7, 2011 at the Cupertino Community Hall.

Via : Cupertino : News : Steve Jobs Presents to Cupertino City Council

クパチーノ(Cupertino)の市長Gilbert Wongには、Steve Jobsとはまた違った独特の魅力がある。昨日(米国時間6/7)のSteve Jobsのびっくり仰天の売り込みに応える今日の記者会見でWongは、”母船”型の本社ビルが建つ150エーカーのAppleキャンパスについて、”クパチーノとしては対応可能”、と強調した。

Via : クパチーノ市がSteve Jobsに回答: Appleの宇宙船基地対してノーという理由なし

2006年と2010年、アップルがCupertinoにあった元HP本社の敷地を購入し、広大な土地を取得していたワケですが、今回それが新社屋よ用地として公式に表明されたということですね。

場所はかつてHewlett-Packard (HP)のコンピュータシステム部門のオフィスがあった場所だ。Jobs氏は子供の頃に、あこがれていたBill Hewlett氏に直接電話をかけて、HPのクパチーノ・キャンパスでの夏休みのアルバイトを得たことがある。またApple共同創業者のSteve Wozniak氏がHPで働いていたときのオフィスも、Appleが新キャンパス建設を希望する土地の中にあった。Jobs氏らが個人的に深い思い入れのある場所と言える。

Via : ジョブズ氏がApple新キャンパス建設計画を説明 -「まるで着陸した宇宙船」 | パソコン | マイコミジャーナル

現在のCupertino本社との位置関係はこんな感じ

こちらがAppleの現在の本社
P1050168.JPG

新社屋の建設が計画通りに進めば完成は2015年。
12000にんに従業員が働ける超クリエイティブな空間になるようです。

米アップル(Apple)は2012年、本社がある米カリフォルニア(California)州クパチーノ(Cupertino)に、1万2000人規模の従業員が働く「宇宙船型」の新社屋の建設を着工する見通しだ。

Via : 米アップルが「宇宙船型」新社屋建設へ 国際ニュース : AFPBB News

この、ジョブズ氏のモニュメントとも言えそうな、象徴的な建物が2015年に完成すれば、新たなるアップルファンの聖地になるのかもしれませんね。

あと4年、2015年のWWDCではジョブズ氏が新社屋に関するお披露目プレゼンテーションを決めているかもしれませんね。


大きな地図で見る

http://journal.mycom.co.jp/news/2011/06/10/051/index.html

 Appleは今週に入り、カリフォルニア州クパチーノに建設を計画している新社屋について詳細を明かした。この新社屋は、同社1万2000人の社員を収容し、同社直営店の建設で採用した技術が利用されるという。ここでは、同新社屋を画像で紹介する。

Via : フォトレポート:アップルが計画する「宇宙船」型オフィス – CNET Japan

The Apple CEO even described the campus as as space ship, when he addressed the Cupertino City Council, have a look at the video below, which shows what Apple intends to do with the former HP land.

Via : Steve Jobs Wants To Build A New Space Ship Apple Campus In Cupertino | Geeky Gadgets

スポンサードリンク

アマゾン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です