防衛省が秋葉原で買った部品で作成した「球形飛行物体」がすごい!

スポンサードリンク

日本の防衛技術の総力を挙げて、開発した球形飛行物体

とにかく動画を見て!

フランス生まれの
AR.Drone
より凄いかもしれません。

凄いのは時速60kmで移動出来ること、さらに、球形なので地面を転がりながら移動できるということ。

いや、もっと凄いのは防衛省のエリート研究者の方々が秋葉原で部品を集めて開発しているということかもしれませんが、一番の問題は、「球形飛行物体」とネーミングをまったく考えていないということかもしれませんね。

ってか、もしかしてこれ参照にしてないですよねーw 
+

っていうか、防衛省の研究者の方もガンダム世代だから十分にあり得るかもしれませんね。

ということで、良いネーミング考えて製品化して販売したら、防衛費の足しになるかもしれません。
レンホーさん開発費の予算化してくださいね。

スポンサードリンク

アマゾン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です