Sealが首から下げている謎のLeicaは?M9-P?

スポンサードリンク

ロサンゼルス国際空港に家族と共に現れたソウルミュージシャンSeal(シール)彼と奥さんの12回目の結婚記念日の為アメリカに来たそうですが、彼の首から下げられたライカと思われるカメラがちょっと話題に。

このカメラ、外観はライカのレンジファインダーマニュアルカメラLeica MP 0.72にそっくりなのですが、良く観察するとフィルム巻き上げレバーなどが見当たらないようです。
またライカのデジタルカメラであるM9の正面にあるM9のロゴと、レッドドットマークが無く、その代わりにMPと同じ小さなボルトが見えます。

ということで、これが、Leica MPのデジタル版なのでは?
あるいは、Leica M9-Pでは無いのかという話題になっているようです。

Sealさん自身、ライカのカメラを愛用されています。
またライカのプロモーションとしても参加されています。

ライカのローンチイベントにも招待され、ライカ社のCEOとインタビューを受けられている動画

関連記事:

数日前、DPreviewのフォーラムで6月にLeica M9-Pが発表されるという書き込みがあったそうです。 そして昨日、イギリスのミュージシャン Seal がロスアンジェルスで家族と一緒に歩いている写真で、彼がぶら下げているライカが話題になっています。

Few days ago a dpreview forum member mentioned about an upcoming Leica M9-P camera. The camera is expected to be released in June. So far those were all rumors and nobody has really seen such a digital MP rangefinder… until yesterday when the Dailymail posted some pictures of Seal with a very interesting Leica M camera – it looks like a silver Leica MP, but there is not rewind crank, no battery compartment, no film advance lever, no reversing lever… this must be the new digital MP, or the M9-P.


スポンサードリンク

アマゾン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です