iPhone次期モデル9月に発売するのはiPhone 4Sですか・・・・

スポンサードリンク

台湾のサプライヤーからの情報によれば、アップルは2011年のiPhone4供給数を引き下げ、その変わりに9月にiPhone 4S を発売するということです。

iPhone 4S?

Due to an inventory volume of 1.5-2 million units of iPhone 4 and the launch of iPhone 4S planned as early as September 2011, Apple has lowered its expected shipment volume of iPhone 4 for the second quarter of 2011 from 20 million units, to 17.5-18 million units consisting of 16 million units of the 3G version and 1.5-2 million units of the CDMA version, according to Taiwan-based supply chain makers.


iPhone 4Sは8月から生産が開始されて、おそらく9月に発売になるそうです。

このiPhone 4SにはQualcomm製の 3GとCDMAをサポートするチップが採用され、OmniVision Technologies 社とLargan Precision  製の800万画素イメージセンサーとレンズキットが登載されるそうですが、iPad 2と同じA5チップ採用以外はiPhone 4から目新しいもの(例えばNFC)などの追加は無い可能性が高いそうです。

ということで、少し前にiPhone 5には、ソニー製の裏面照射型CMOSセンサー Exmor Rが採用されるという噂がありましたが、それはiPhone 4Sには登載されないということなのでしょうか?

ちなみに、iPhone 4Sという名称は、未だ決定した訳では無いそうですが・・・・

、Digitimesではこの次世代iPhoneを「iPhone 4S」と呼んでいるが、これは正式名称ではなく、Apple自身がそうした位置付けで新製品をリリースする意向であるかは不明だという点に注意したい。この名称はJefferies & Co.のアナリストPeter Misek氏のレポートに由来するもので、同氏は周辺情報から、次世代iPhoneはプロセッサとしてA5 (iPad 2で採用されたデュアルコアプロセッサ)を採用、カメラの性能向上やHSPA+上位規格のサポートなどブラッシュアップが図られているものの、全体にマイナーチェンジにとどまるという意味で「iPhone 4Sと呼ぶべきもの」と同製品を説明している

うーん、もうすぐ2年の縛りが解けそうな、iPhone 3GSユーザーにはちょっと気になるおハナシですね~

せめて、ソニー製イメージセンサー採用して下さい!w

スポンサードリンク

アマゾン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です