Appleのノート2013年にARMチップに移行?

スポンサードリンク

macworld.co.ukがSemiAccurateのウェブサイトのレポートを引用し、2013年にARMチップを採用したラップトップを発売するという記事を掲載しています。

an apple a day...

According to the SemiAccurate website, Apple is planning to move to ARM chips as soon as possible. Sources have told the website that this is a “done deal”. The reported deal could also see ARM chips make their way into Apple’s desktop range as well.

ARMは2012年後半から2013年初頭にかけて64ビットのチップを発表するとのことです。
現在A4やA5チップはサムスンが製造していますが、アップルはサムソン以外でARMベースのチップを製造出来る企業を探しているとのことです。

アップルがIntelチップに移行したのが2006年、現在絶好調、特にMacBookが人気になっている現状で、更にARMチップに移行する意味はあるのでしょうか?

専門家によれば、それは無いだろうという記事。

http://journal.mycom.co.jp/news/2011/05/13/101/index.html

しかし、MacBookAirがiOSベースになるとすれば、十分あり得る話では無いかと思いますがいかがでしょうか?
iPadでiOSアプリが充実した段階で、キーボード付きのiPad = MacBook Airとう作戦、、、、、


スポンサードリンク

アマゾン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です