ロールス・ロイスの電気自動車『102EX Phantom Experimental Electric』

スポンサードリンク

電気自動車=エコだけでは無いようです。
超高級車メーカーのロールス・ロイスだからこそ“ぜいたく”な電気自動車『102EX Phantom Experimental Electric』を作れたのかもしれません。

RR Phantom EX102

『102EX Phantom Experimental Electric』は電気自動車ならではの、無音でスムースな感覚がこれまでロールス・ロイスが搭載していたV12エンジンを上回る快適性を演出しているようです。

浮遊する感覚:ロールスロイスの電気自動車、試乗レビュー | WIRED VISION

筆者はこの102EXに乗ってみた。通常の電気自動車では、エンジン音がしないので、かえってサスペンションやタイヤや風といったものが気になるのだが、102EXではそういうことは無い。無音であり、かつ非常にスムーズに走るので、まるで浮遊しているように感じる。自動車であれ、列車であれ、飛行機であれ、乗り物の座席に座っていると推進力を感じるものだが、102EXではそれが感じられない。目で見る世界は動いているのだが、他の感覚がそれを否定する。

これに乗ることが出来る方はまさに別世界の人間かもしれませんね。

Geneva Motorshow 2011

Geneva Motorshow 2011

スポンサードリンク

アマゾン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です