F1のボスが4気筒になるのとサウンドが最悪なので反対ということなので確認してみました

スポンサードリンク

F1のボス、バーニー・エクレストン氏はFIAが決定した2013年F1エンジンの4気筒ターボ化に超反対。その理由はエンジンサウンドが最悪になるということです。

F1 Engine

エクレストンは、4気筒ではエンジン音が「最悪」なため、レースプロモーターやテレビ局からのプレッシャーを感じているという。フェラーリ会長のルカ・ディ・モンテゼモーロは、V8エンジン継続を支持していると見られる

ということで、確か過去1980年代後半、F1ターボ時代に四気筒のF1エンジンが走っていましたので、その動画を拾ってみました。

1985年 ブラバム BT54 – BMW ターボエンジン。
オールドホッケンハイムを単独走行している貴重な画像です。

そして、こちらが同じBMWでもV10エンジンサウンド

んで、こちらが、NAのV8エンジン、V10エンジン、V12エンジンの鈴鹿サーキットの日本GPを編集したサウンド集

2:47までが1997年ティレル・フォードV8、ミナルディ・ハートV8、ベネトン・ルノーV10、無ロスト・無限ホンダV10、ザウバーフォードV10(これは1996年)
2:47から3:12までは、 1995 年フェラーリ 412 T2 V12
3:12 から3:27は1992年マクラーレンホンダMP4 7/A V12
3:12 to 3:44, was 1993年フェラーリF93A V12

ということですね。

こちらがフェラーリV10エンジンのサウンド集

ちなみに、V10エンジンは2005年まで

そしてこちらは2010年のテスト時のサウンド

ということで、仮にF1のサウンドが1985年の音に戻るとすれば、バーニー・エクレストン氏が主張するようにF1の魅力が1つ無くなるかもしれませんね。

勿論、フェラーリF1も四気筒エンジンに反対という声明を発してきましたが、現FIA会長がフェラーリの黄金色を築いたジャントッド氏というのも面白いですね。

スポンサードリンク

アマゾン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です