F1第2戦 マレーシアGPフリー走行終了~

スポンサードリンク

舞台はオーストラリアからマレーシアのセパンサーキットに.

TJK_1994

F1第2戦が開幕、金曜日フリー走行が終わりました。
今度は、同じレッドブルでもベッテルの代わりにウェーバーが好調のようです。

フリー走行は2回目もウェバー(レッドブル)が最速タイム: FMotorsports F1

マレーシアGPの初日2回目のフリー走行が終了。
事前には雨も予想された金曜日だったが、結局この日は最後までドライのままで行われた。
ここでもトップタイムをマークしたのは午前と同じくレッドブルのウェバーだったが、違うのはライバルとのタイム差だった。

フリー走行は目安にしかなりませせんが、地元オーストラリアでは不調だったウェーバーが復活の予感です。
またマクラーレンの2台がタイム差を詰めて来ているのも興味深いですね。

ウェーバーのクルマは、オーストラリアGP終了後に徹底的に調べられ、改善が施されたそうです。
今回のトップタイムはその結果が現れているということでしょうか。

レッドブル ウェーバーのクルマを改良 – GPUpdate.net

「事後分析において、マークのクルマにセットアップ面で確かに不具合があったことが確認された」と、チーム代表のクリスチャン・ホーナーは語った。「これらのエレメント全てがマレーシアに向けて交換され、2台のクルマがもっと近づくことを期待している」

また、可夢偉さん、ペレスさんのザウバー勢は14、15位とちょっと出遅れ気味かな?

ウエーバーが初日最速。マクラーレン好調、可夢偉14番手 – F1ニュース ・ F1、スーパーGT、Fニッポン etc. モータースポーツ総合サイト AUTOSPORT web(オートスポーツweb)

現地時間午後2時から始まったフリー走行2回目の天候は晴れ。気温32度で路面温度は43度まで上昇、湿度51%のドライコンディションとなった。このセッションからフォース・インディアはポール・ディ・レスタが復帰。トロロッソのセバスチャン・ブエミとチーム・ロータスのヘイキ・コバライネンも今グランプリの初走行を迎えた。

もう一つの注目はHRTが予選を通過出来るかということですが、今回も苦戦を強いられているようです。

韓国企業に買収されるという噂もあります。

韓国企業、ヒスパニア買収に興味 | F1 TopNews.JP | F1 Live速報2011 トップニュース

韓国企業のグループが悩めるヒスパニア・レーシング(HRT)を買収することに興味を抱いているようだ

ここは、一発予選を通過して、買収額を保持したいとこですね!頑張ってください!

スポンサードリンク

アマゾン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です