ケータハムがチームロータスに買収される

スポンサードリンク

さきほど、チームロータスがケータハム買収の噂、という記事を書いたばかりですが、ESPN F1によれば何とチーム・ロータスのオーナー、トニー・フェルナンデス氏が本当にケータハムが買収されちゃいました。

Tony Fernandes greets the crowd at the Lotus F1 Launch

チーム・ロータスのオーナー、トニー・フェルナンデスがイギリスのスポーツカーメーカー、ケータハムを買収した。


ケータハム社は世界中のスーパーセブン愛好家に対して、安価かつ素晴らしい性能クルマを供給していたメーカーです。
今回の買収はF1の名称権争いを発端であり、ケータハムの市販車には元々関係無い話しです。
イギリスのバックヤードビルダーからスタートし、今でもその伝統を守る(っている筈の)CATERHAMらしさを失わないように願うばかりですね。

スポンサードリンク

アマゾン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です