Microsoft Arc Touch マウス RVF-00006 開封レポ

スポンサードリンク

ちょっと小ネタですが、本日発売のマイクロソフト  Arc Touch Mouse RVF-00006 を購入したのでご報告します。

購入先は、ヤマダ電気、定価と思われる6980円(マウスにしてはすごく高いなー)にポイント10%っていう感じでした。

Microsoft Arc Touch Mouse UnBox

アマゾンの方がお買い得かもしれませんね。


ということで、早速開封など。

一応箱の裏~

Microsoft Arc Touch Mouse UnBox

パッケージから取り出すと、流石6980円w透明のカバーの下に。

一応ですが開封の喜びを感じるパッケージになっていました。

単四乾電池2本も付属していましたのですぐに使えます。

Microsoft Arc Touch Mouse UnBox

頭の部分がバッテリーケースになっています。

マウスの厚さは単四乾電池が入るギリギリの設計。

Microsoft Arc Touch Mouse UnBox

頭の部分にBlueTrack センサーがあります。

Microsoft Arc Touch Mouse UnBox

ちなみに、マクドナルドで開封しているのですが、マウスが黒いせいか、すぐにホコリや指紋を吸着w

ます驚いたのは、PC側のUSBポートに装着する、ナノ・トランシーバーが、マウスに“張り付いて”いたこと。

何と、マグネットの力でナノ・トランシーバーが本体にくっ付けることが出来るんです。

従来の無線マウスが、本体に入れるようになっているのに対して、いきなり新しい!

Microsoft Arc Touch Mouse UnBox

次に驚いたのは、Arc Touchマウスの特徴である、柔らかい本体を曲げることで、マウスとしての高さが出てくるのですが、曲げる動作で“カチッ”という音がして、電源が入るという構造になっていることです。

Microsoft Arc Touch Mouse UnBox

これによって、カバンに入れる時マウスを伸ばすことで、必ず電源OFFになるというエコでアタマの良い設計。

逆に言えば、デスクトップ用では無いのかもしれませんね。

本体のゴム素材の部分もホコリ吸着が激しいですw

早速、これまで使っていた、バッファローの超コンパクトマウスと大きさ比較してみるとこんな感じ。

Microsoft Arc Touch Mouse UnBox

使用前

Microsoft Arc Touch Mouse UnBox

使用後

Microsoft Arc Touch Mouse UnBox

まったく大きさが違うことが解っていただけたでしょうか?

ArcTouchマウスはほぼデスクトップマウスの大きさとっして使えるのです。

それでは、次は使ってみたレポート。

スポンサードリンク

アマゾン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です