SONY CyberShot DSC-TX5 1stショット

スポンサードリンク

届いたTX5を早速持ち出し試写してみました。

これが正真正銘の1枚目

広角25mmで撮影しています

SONY CyerShot TX5 1st Shot

こちらが2枚目

望遠端で撮影しました

SONY CyerShot TX5 1st Shot

TX5は屈曲光学系を採用しており通常のレンズより描写に不利と言われていますが、これくらい撮影出来ればデジカメとして普通に使えるレベルなのでは無いでしょうか?

そして、こちらが“手持ち夜景”モードで撮影した写真

SONY CyerShot TX5 1st Shot

TX5は昨年から話題になった、ソニーの裏面照射CMOSイメージセンサーが登載されています。

裏面照射CMOSは高感度に強いと言われていますが、実は高速撮影も得意なイメージセンサーでこの“手持ち夜景”モードは高速で6枚連写した画像を合成することで、高感度ノイズを低減する機能です。

こちらも“手持ち夜景”モードの作例

SONY CyerShot TX5 1st Shot

ということで、他社の薄型スタイリッシュデジカメよりは高感度にかなり強いのがTX5の特徴でもあります。

その他TX5が優れているのは

  • 防水、防塵、対衝撃性能コンデジの中でもかなりコンパクトでデザインも普通
  • 光学式手ぶれ補正登載(防水カメラでは登載されていない機種もある)
  • スライドバリアを開けるだけですぐに撮影出来る起動レスポンス
  • タッチパネル液晶登載、フォーカスポイントをタッチで設定出来るなど
  • 動画撮影機能もかなり評判が良い(後日テストしてみます)
  • 1020万画素は画質とファイルの扱い易さのバランスが良い

ということです。

1月初旬に旅に出る予定なので、ポケットに入るカメラとして使おうと思います。

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です