2013年F1に復帰するのはホンダ?

スポンサードリンク

2011年のF1新レギュレーションにより復帰する日本メーカーそれはホンダかもしれません

語るのはルノー・チームのマネージング・ディレクターを務めるジャン・フランソワ・コーベ氏で、それによればレギュレーション変更は新規参戦の大きなチャンスになるが、BMWはまだ時期尚早、フォルクスワーゲンは躊躇していて、復帰の可能性があるのは実は日本のホンダなのだという

ちなみに、撤退を発表する時には、休止では無く撤退であると明言、更に将来の復活も考えていないと宣言した筈ですが、・・・・

もし世界経済が急速に回復したとしても、ホンダはF1への復帰を望まない。これは、ホンダの取締役社長となった伊東孝紳(たかのぶ)氏が13日(月)に語ったものだ。

ホンダF1第二期にグランプリを席巻したホンダターボエンジンが復活してほしいですが、ホンダF1第三期ではパートナーとの関係に苦労しました。今度はどのチームと組むことになるでしょうか?

そして、2013年まで日本でF1グランプリが開催されていることも望みます。

コーベは、ホンダが真剣に復帰を検討していることを示唆した。


さらば、ホンダF1―最強軍団はなぜ自壊したのか? (SHUEISHA PB SERIES)

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です