F1のドンが襲われていた

スポンサードリンク

顔が命の歌舞伎役者、市川海老蔵さんが暴走族?に襲われて重症を負っていたという大変なニュースが飛び交う中、F1のを仕切る、バーニー・エクレストン氏も強盗に襲われていたそうです。

イギリスの大衆紙『サン』が伝えたところによれば、FOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)代表であるバーニー・エクレストン氏が、ロンドンの事態近くで暴漢に襲われ、金品を奪われたうえに軽傷を負ったということだ。


バーニーさんの怪我は軽傷だったということで無事でよかったですね。
バトンさんがブラジルで強盗に襲われていた件他、F1関係者の方へのの物騒な事件も続いていますね~。

油断は禁物・・・↓↓

今月のブラジルGPの週末に、ジェンソン・バトンやザウバーのスタッフが強盗に襲われるなどした際、エクレストンは、自分はブラジルに40年も訪れ、外を出歩いているが、一度もトラブルに遭ったことはないとコメントしていた。彼はまた「彼ら(強盗)は少しのろくて単純な人間を狙っているのだ。賢そうな人間を狙ったりはしない」とも述べていた。

『The Sun(サン)』の報道によると、エクレストンは4人の強盗から暴行を受け、時計や宝石類を奪われたという。エクレストンは頭部を負傷し、病院へ運ばれたものの、事件の翌日には右手にあざを残したまま仕事に復帰していた。


SP(エスピー)警視庁警備部警護課第四係 2 (ビッグコミックススペシャル)

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です