F1の名門チーム・ロータスがTシャツが原因で泥沼化

スポンサードリンク

チームロータスと言えば、古くからのファンにとってはフェラーリと双璧的な名門チームである筈です。
今年から、ロータスという名称がF1で復活しまししたが、実は英国のロータスカーズとは無関係、そして、F1のチーム・ロータスの名称使用権も別な会社が保有していたり・・・・

詳しくはこちら

チーム・ロータスの名称問題、ついに法廷闘争へ | ロータス | F1 TopNews | F1トップニュース | F1 Live 速報 2010

それが現在、法廷闘争までの騒ぎに発展しているようです

プロトン、『チーム・ロータス』ネームの使用に待った: FMotorsports F1

9月27日、グループ・ロータスの親会社のプロトンはリリースを発表し、F1ロータス・レーシングが2011年から『チーム・ロータス』を名乗るとしたことに対して異議を表明した。

「チーム・ロータス」の名を巡る争いが、ついに法廷闘争に発展した。

2010年からF1には、ロータス・レーシングというチームが参戦している。しかしこれは、往年のF1ファンにおなじみのチーム・ロータスとは別のチームだ。

そして、その混乱の原因は、なんとTシャツが原因だったとのことです。

ロータスの対立はTシャツが原因? | Lotus | F1ニュース | ESPN F1

「その一つがTシャツの作製をめぐる問題で、われわれが正しい手順に従わなかったとの理由から、2週間ほど前に契約を打ち切られた」

F1ファンとしては、LOTUSというチームがF1に本当に復活する状態になって欲しいしので、現在のクルマメーカー、レーシングチーム、ネーミングライツの3つがバラバラになって争っている状況はとても悲しいと思います。

また、ロータスは、インディーカーの佐藤琢磨さんもサポートしてますし、GP2などのチームも立ち上げる準備を進めいてます。

佐藤琢磨の現所属チーム、2011年もロータスがサポート | インディ | F1 TopNews | F1トップニュース | F1 Live 速報 2010

ロータス・モータースポーツが、インディカーで佐藤琢磨が所属しているKVレーシングとのパートナーシップを延長した。

たったTシャツのロゴ1つで、ロータスの歴史、やレース界への多くの影響は是非とも避けて欲しいものです。

出来れば、コーリンチャップマンの意思を受け継いだ、本当のロータスF1の伝承した伝統のチームロータスを走らせて欲しいですね。


JPS LOTUS 栄光の軌跡 [BLACK BEAUTY 1973 SEASON] [DVD]

スポンサードリンク

アマゾン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です