フジフイルムがAPS-Cセンサーを搭載したFinePix X100発表!レンジファンダー!

スポンサードリンク

富士フイルムがサプライズな発表!
何とAPS-Cイメージセンサーを搭載したレンジファインダータイプのカメラFinePix X100を発表したのです。


X100の基本的なスペックとしては、23mm(換算35mm)のF2という明るい単焦点レンズを搭載、1200万画素APS-CのCMOSセンサー搭載、720pの動画撮影も可能のレンジファインダータイプのカメラです。

23mmの単焦点レンズはかつての銀塩カメラのように、絞りがレンズ廻りのダイアルで設定出来るようです。
そして、面白いのAPS-Cセンサーを搭載したコンパクトデジタルカメラシグマDP-1、ライカX1と異なるのは、レンジファンダーを搭載しているということ。
フジはこれをハイブリットファンダーという呼び、EVF(電子式)とOVF(光学式)を切り替えることが出来るというマニアックな機構を搭載しているということです。

背面液晶とEVFで十分な筈ですが、光学式でコストと生産時の調整も大変な光学式レンジファインダーを搭載したのは富士フイルムの意地という感じでしょうか?

それにしても、FinePix X100の外観はカメラとしての美しさが印象的ですね。
これまで少しマニアックな路線から距離を置いていた富士フイルムが久しぶりのサプライズな発表ですね。

こちらはFinePix X100のイメージビデオ・・・うーん欲しくなっちゃいますねー

こちが公式サイト http://www.finepix-x100.com/
※現在アクセス困難なので外観はとりあえずこちら


スポンサードリンク

アマゾン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です