このデザインのメッセージは・・・Leica X1 L’Eclaireur リミテッドエディション

スポンサードリンク

ライカからこんなシュールなデザインのデジタルカメラが発売されます。


このLeica X1の限定モデルはパリのブティックL’Eclaireur (レクレルール)がプロデュースしGilles Ouaki という方のデザイン。
注目は下半分のフィルムなんですが、こちらがプリントされているようです。

この写真が語っているのは、昨年ライカが銀塩カメラの製造を中止するというメッセージへのアンチテーゼなのでしょうか?
そしてモノクロフィルムに対して、上半分の赤は人間の血のようにも感じます。

限定数は1930台だそうです。


ライカの写真術―写真はライカが教えてくれた!

スポンサードリンク

アマゾン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です