【Rossa】ロッシがドゥカティに移籍発表【Rossi】

スポンサードリンク

WGPの歴史の中でYAMAHAのYZR-M1と共に最も偉大なチャンピオンとなったバレンティーノ・ロッシがイタリアのDUCATIに移籍することが、twitter経由で全世界のドゥカティファンに向けて発信されました。


これまでロッシはフェラーリからF1にチャレンジするという噂もありましたが、やはりロッシは、新しいチーム、それも母国イタリアのチームに移籍することでバイクで戦うことにモチベーションを感じたようです。

ロッシがヤマハを離脱すること、そしてドゥカティに加入するという記者会見が開かれたようです。

autosport.com – MotoGP News: Yamaha confirms Rossi to leave team

Valentino Rossi’s move to Ducati is set to be announced imminently after Yamaha confirmed that its seven-season relationship with the Italian legend would come to an end after 2010.

ロッシとドゥカティの契約は2年契約のようですね。

autosport.com – MotoGP News: Ducati announces two-year Rossi deal

Ducati has finally confirmed that Valentino Rossi will join its line-up next season, the seven-time MotoGP world champion having signed a two-year deal with the Italian squad.

記者会見でのロッシのYAMAHAへのお別れの言葉が印象的なので引用させてください。

バレンティーノ・ロッシ、今季限りでのヤマハ離脱を発表 【 F1-Gate.com 】

バレンティーノ・ロッシ
「ここ7年間のヤマハとの関係を短い言葉で説明するのはとても難しい。2004年から多くのことが変わったけど、特に僕の“彼女”M1は変わった。彼女がMotoGPバイクで真ん中くらいのポジションにいたとき、大部分のライダーやMotoGPの関係者に馬鹿にされていた。彼女が成長して改善することを助けることができた今、彼女が求愛され、称賛され、“クラスのトップ”として扱われて、ガレージで微笑んでいるのがわかる。この変身を実現した人々のリストはとても長いけど、古沢政生、中島雅彦、そして僕たちのM1を変化させるために懸命に作業してくれたエンジニアを代表して“僕の”渥美ヒロヤに感謝したい。そして、ジェリー・バージェス、世界中のトラックで愛情を持って彼女の世話をしてくれたガレージの全スタッフ、長年ヤマハチームで働いたみんなに感謝したい。今は、新しい挑戦を探す時だ。ヤマハでの僕の仕事は終わる。残念だけど、最も美しいラブストーリでさえ終わりが来るものだ。でも、ウェルコムの芝生で初めてM1にキスをしたときのような、たくさんの素晴らしい思い出は残っている。そのとき彼女はまっすぐ僕の目をみて“I love you!”って僕に言ってくれた

ドゥカティ、バレンティーノ・ロッシとの契約を正式発表 【 F1-Gate.com 】

ドゥカティは、2011年からバレンティーノ・ロッシと2年契約を結んだことを正式発表した。

ちなみに、YAMAHAも2011年の体制を発表

Official – Yamaha parts company with Valentino Rossi

Expect Yamaha to now announce Jorge Lorenzo (even if today he once again denied signing with Yamaha) and Ben Spies in the factory team in 2011.

ロッシの代わりのエースライダー、というか、既にロッシと同等のスピードを発揮していた、ロレンツォ、そして、、「モンスター・ヤマハ・テック3チーム」でYZR-M1を走らせていたベン・スピースがワークス入りということになるようです。

ドゥカティをひさしぶりのチャンピオンに導いた、ケーシーストーナーはホンダに移籍するということで、2011年はドゥカティ、ヤマハ、ホンダ共に最強のライダー同士がメーカーの威信も込めて戦うことになりそうですね。

ちょっと気になるのはロッシの移籍で、YAMAHAをサポートしていたFIATはどうするのでしょうか?
ドゥカティというイタリアのチームに、世界で最も人気のあるイタリア人ライダーが加わったということで、イタリアのFIATがヤマハをサポートする理由も少し薄らぐような気がします。

そして、ドゥカティは、フィアット傘下であるアルファロメオと密接にコラボレーションしていますから、なおさらそんな予感もします。

とにかく、ロッシは来年真っ赤なドゥカティに乗って戦うことになります

2011年もMotoGPから目が離せません。

バレンティーノ・ロッシ自叙伝(日本版)

スポンサードリンク

アマゾン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です