F1ベルギーGP 予選不安定な天候の中

スポンサードリンク

F1夏休みシーズンが終わりベルギーで後半戦の再開です。
ドライバーのテクニックが問われるオールドサーキット、スパフランコルシャンの予選は天候がドライからウェットに変化する困難な状況で、ポールポジションを獲得したのは・・・

うーん、ここでもレッドブル最速でした!

Q3でも途中雨に見舞われるというめまぐるしいコンディションの中、最終的にベルギーGPのポールポジションを獲得したのはレッドブルのマーク・ウェバーだった。

ウィリアムズのバリチェロは涙の300戦出走記録を飾る7位に飛び込みました。
ルノーのクビサが3位に入ったというのも困難な状況です彼の実力が垣間みられる結果ですね

フェラーリは気合いが空回りしたのかイマイチ。
ここ最近バッシングを激しく受けているシューマッハはぎりぎりニコを上回ったのがベテランの味かもしれませんが、前戦のペナルティでグリッド降格、更にベッテルもギアボックス交換でグリッド降格となりますので、ベルギーは厳しい戦いになりそうですね。

また新スポンサーを獲得したザウバーと小林カムイさんは逆に沈んでしまったのが心配ですね。

総合順位はこちら

F1 第13戦ベルギーGP -RIJ- (2010-08-28) Qualifying-Session 2010 FIA F1 World Championship Rd.13 スパ・フランコルシャン・サーキット(BEL):7.004km

2010年F1第13戦ベルギーGPが8月28日(土)、スパ・フランコルシャン(1周/7.004km、8月29日決勝44周/308.052km)で2日目を迎え、現地時間14時(日本時間21時)からQ1、Q2、Q3の3つのセッションでなる公式予選が行われ、マーク・ウェバー(レッドブル)がポールポジションを獲得した。

スポンサードリンク

アマゾン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です